fc2ブログ

Renault Kangoo

1 (2)

フード(ボンネット)とルーフパネル(屋根)の塗装の劣化でお預かりしましたルノー カングーです。

1 (4)

1 (3)

1 (6)

紫外線による劣化で、ほぼ全面にクラッキングが発生しています。
1 (8)

範囲が広く費用が掛かってしまいますが、「思い入れのある車で乗り続けたい」との事ですので修理させていただきます。
ルーフモール、アンテナ等の付属品を分解します。
1 (9)

1 (12)

ルーフキャリア取り付け用のプラスチックキャップも取り外しておきます。
1 (11)

ルーフ、フード全体を脱脂、清掃して油分などを除去して研摩していきます。
1 (13)

飛び石のキズは鋼板に到達している箇所もありました。
1 (15)

クラックの発生している層まで塗膜を取り除かなければ短期間で同様になりますので、確認しながら研摩した結果、表面のクリヤー、カラーベース(黄色)、カラーベースの下色で塗られている黄色、の3層を除去する事でクラックを除去出来ました。
1 (17)

写真数枚で進んでいますが、1日近く研摩し続けてようやくこの状態です。
1 (19)

粉塵の清掃、脱脂、マスキングを行います。
1 (21)

1 (22)

1 (23)

鋼板の露出している箇所はサフェーサーだけでは防錆、密着性が劣りますのでプライマーを塗布します。
STANDOX エッチングプライマーを使用しました。
1 (24)

1 (27)

サフェーサー前のプライマーは面倒で省略している工場様が殆どと思いますが特殊な事では無く、世界中の主要自動車メーカー(ルノーも当然含まれています)の補修用塗料として承認されているスタンドックスのマニュアルでも推奨されています。
1 (29)

プライマーの指触乾燥後サフェーサーを塗布します。
STANDOX ノンストッププライマーフィラーを使用しました。
1 (30)

1 (31)

1 (32)

1 (33)

規定の温度で赤外線乾燥を行います。
1 (36)

乾燥の間、調色を行います。アクワイヤーと呼ばれる分光測色機で車体の色を測ります。
1 (43)

1 (45)

配合データを元に色を作りテストピースへ塗装します。乾燥後、車体と比色して数回微調色を行い調色を終えました。
1 (37)

1 (40)

1 (42)

フードとルーフのサフェーサーとパネルの際を研摩しておきます。
1 (46)

1 (48)

脱脂、清掃、マスキングを行いました。1 (51)

1 (52)

1 (53)

フロントガラスの際はモールを浮かす事が出来ましたのでガラスの脱着は必要ありませんでした(自費での修理の為)
1 (50)

調色したカラーベースを塗布します。
1 (56)

乾燥後クリヤーコートしました。耐候性にも優れている高品質なSTANDOXクリスタルクリヤーを使用しました。
1 (54)

1 (58)

1 (59)

1 (62)

キャリア取り付け用のプラスチックキャップも退色していましたので研摩してプラスチック用プライマーを塗布しました。
STANDOX プラスチックプラサフを使用しました。
1 (68)

1 (67)

1 (71)

指触乾燥後、艶を抑えた黒で塗装しました。
1 (73)

1 (75)

車体の赤外線乾燥を終えて塗装時のブツなどを除去して磨きを行いました。
1 (76)

1 (77)

1 (78)

1 (79)

アンテナ等を組み立てて清掃、洗車を行い完成です。
1 (83)

1 (86)

1 (88)

1 (91)

1 (92)

オーナー様から、作業途中の状況をお伝えしているメールと写真が分かりやすかったとのお言葉をいただきました。「新車の時はこうだった」と大変喜んでいただけて何よりです。

今回のご依頼誠に有難う御座いました。
1 (95)
スポンサーサイト



2016年06月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
コメント

管理者だけに表示する