FC2ブログ

BMW 135i

BMW 135i

いつもお世話になっていますデントリペア屋さんからの入庫です。

DSC_0349_20130219213107.jpg

DSC_0347_20130219213101.jpg

ドアの凹みでデントリペアの予定でしたが、凹みの裏側に補強の板が入っている為にリペア出来なかったそうです。
ドアミラーの斜め下辺りのプレスラインに凹みがあります。

DSC_0350_20130219213109.jpg

ドアを一枚塗装しますので付属品を取り外して行きます。
内張りを取り外し保管中に汚れない様に養生して、ミラー、アウターハンドル、ベルトモールを外していきます。

DSC_0356.jpg


DSC_0354_20130219213110.jpg

DSC_0355_20130219213136.jpg

ライトを当てるとこんな凹みです。
写真には写っていませんがプレスラインが凹んでライン下側の逆アール部も歪んでいます。

DSC_0358_20130219213143.jpg

凹みの裏側は補強の板で二重になっていますので当盤とハンマーは使えません。
スタッド溶殖で修理します(電気を流してワッシャーを瞬間的に凹みに溶殖して引き出す方法です)
2枚重ねの裏側は充分な防錆処理が出来ませんので、熱で裏焼けしない様に0.5㎜のボンデ板でテストして調整しておきます。普通車の外板パネルは0.8㎜前後の板厚なので0.5㎜で裏焼けしなければ大丈夫だと思います。

DSC_0360_20130219213144.jpg

DSC_0361_20130219213146.jpg

プレスラインを正常な高さまで引き出して板金終了です。

DSC_0362_20130219213202.jpg

パテは使わずに済みました。

DSC_0364_20130219213203.jpg

脱脂、マスキングしてエポキシプライマーを塗布します。通常のサフェーサーもプライマーサフェーサー(プラサフ)と言いプライマーの効果はありますが防錆、密着、シール性は純粋なプライマーに勝る事はありません。ガン清掃や作業の手間からか殆どの工場では省略していると思います。

DSC_0370.jpg

DSC_0372.jpg

プライマーは厚塗りすると逆にトラブルの原因になりますので塗料メーカーのマニュアル通りに作業しています。
メーカーのマニュアルではエポキシプライマーの膜厚は20~35ミクロンです。膜厚計で計測した数値は33.5ミクロンで規定値内でした。

DSC_0375.jpg

マニュアル通りの時間内に通常のサフェーサーを重ねて塗布しました。

DSC_0377.jpg


続く
スポンサーサイト



2013年02月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
コメント

管理者だけに表示する