FC2ブログ

日産 フィガロ リフレッシュ②

続いてリヤガラス周りのパネルの修理です。
ビニールレザーを剥がした状態です。
0001 (1)

錆が多めで交換したい所ですが、良いリサイクル部品も見つかりませんでしたので修理していきます。
0001 (2)

0001 (3)

下端の酷い箇所を切り取りました。
0001 (6)

0001 (9)

0001 (10)

クリップの穴や錆穴を使ってエポキシ防錆塗料を流し込みました。
068_2019012214392992b.jpg

0001 (12)

0001 (14)

乾燥後、新たに作ったピースを溶接して、もう一度立てた状態で上から下にパネルの隙間から溢れ出す様に流し込みました。
0001 (17)

0001 (20)

0001 (25)

乾燥後、上下を逆にして同じ様に進めました。
0001 (27)

0001 (28)

表と裏を研磨して脱脂清掃後、同じ防錆塗料(エスコ)を塗布しました。
0001 (31)

0001 (34)

0001 (35)

0001 (37)

0001 (40)

乾燥後、切り繋いだ箇所のパテ処理を行いエポキシ→ウレタンサフェーサーを塗布しました。
017_20190122143809966.jpg

020 (2)

021_201901221438120d1.jpg

027 (3)

028 (2)

左クォーターのパテと左側面を研磨しました。
001_20190122144318938.jpg

007_20190122144321957.jpg

008_201901221443236bd.jpg

011_20190122144324fd8.jpg

012_20190122144326262.jpg

エポキシ→ウレタンサフェーサーを塗布しました。
015_20190122144327212.jpg

016_201901221443290d8.jpg

018_20190122144330727.jpg

019_20190122144332fcc.jpg

020_20190122144333c54.jpg

022_201901221443355a8.jpg

027 (2)

右リヤの一部錆修理を行いました。
013_20190122151325b00.jpg

014_20190122151327c4c.jpg

023_20190122151327b90.jpg

025_201901221513293f6.jpg

右ドアストライカーの付く箇所にクラックがありましたので溶接修理して右側面を研磨しました。
036_201901221515413b6.jpg

038_2019012215154318b.jpg

039_201901221515443a2.jpg

041_20190122151545ba2.jpg

045 (2)

同じ様にサフェーサーまで進めました。
048_201901221517116ce.jpg

049_201901221517132de.jpg

050_2019012215171435c.jpg

052_2019012215171514b.jpg

053_20190122151716dee.jpg

055_20190122151718d9a.jpg

続いてルーフの下地を行いました。
057_20190122151754e5b.jpg

ヒビを削るとパテの下から錆が出て来ました。
031_2019012215191737d.jpg

027_20190122152100c15.jpg

058_20190122152102922.jpg

028_2019012215210177b.jpg

062_20190122152103481.jpg

研磨して除去出来ない箇所はブラストで処理をしました。
065_20190122152105800.jpg

067_201901221521066ee.jpg

ウェザーストリップの下で水の溜まりやすい箇所ですので念の為エスコを塗布しました。
069_20190122152151bc6.jpg

外面は塗膜を除去してサフェーサーまで同様に進めました。
071_20190122152152c12.jpg

072_2019012215215475e.jpg

078_2019012215215563f.jpg

080_201901221521573b0.jpg

082_20190122152158730.jpg

続いてヒンジ類の下地です。ドアヒンジは新品でそれ以外は製廃ですので再使用です。
085_20190122152237586.jpg

新品と言ってもスカイラインと同じで、ラッカー塗料の様な状態を溶剤で洗うと錆が出ていますので全てブラストで処理をしました。
087_20190122152238489.jpg

088_20190122152240e0c.jpg

089_2019012215224177f.jpg

脱脂清掃してエポキシを塗布しました。
091_20190122152244aa6.jpg

パネルのフィッティングを確認しています。
084_2019012215220041f.jpg

0001 (41)

0001 (43)

003 (2)

確認しながらサフェーサーを研磨していきます。
007 (2)

010_20190122152451b68.jpg

錆のクレーターの深かった箇所と新車時のクォーター溶接繋ぎ目の酷い箇所、プレス歪みの酷い箇所はパテが必要になりましたのでパテ処理をしてエポキシ→ウレタンサフェーサーを再度行いました。
012 (2)

014 (2)

015 (2)

019 (2)

022 (2)

026_20190122152500e3b.jpg

030_201901221525020e7.jpg

031 (2)

続きます。
スポンサーサイト



2019年01月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
コメント

管理者だけに表示する