fc2ブログ

Porsche 911 Carrera2 オールペイント③

続きましてフロントのトランクフロアの修理です。
004_2018042416351655d.jpg

バッテリー周辺の錆の修理です。
005_20180424163517a59.jpg

周辺を分解して研摩しました。
しっかりと修理する場合は、バッテリートレーの溶接を剥がしたりABSポンプの取り外し、場合によってはフロアのカット修理が必要になり高額になりますので、今回は簡単な方法で様子を見ていただく修理になります。
015_20180424163518aee.jpg

脱脂清掃を行い、カーボマスチックを刷毛塗りして乾燥させました。
017_20180424163519eed.jpg

018_20180424163521e7d.jpg

フロア全体を研摩して脱脂清掃、マスキングを行いました。
030_201804241701029df.jpg

エポキシプライマーを塗布しました。
034_20180424170104e54.jpg

036_2018042417010440c.jpg

エポキシを塗るついでに車体側フロントフェンダー当たり面の錆などを研摩しました。
037_20180424170106c54.jpg

038_20180424170107118.jpg

043_20180424170109de5.jpg

044_20180424170110921.jpg

045_20180424170112c47.jpg

こちらは脱脂清掃後、刷毛塗りしました。
046_20180424170113e34.jpg

048_20180424170115492.jpg

トランクフロアのエポキシの乾燥後、塗装範囲を研摩、脱脂清掃、マスキングを行いました。
051_201804241701181e9.jpg

052_2018042417011967c.jpg

新車からの溶接のスパッタの頭など研摩した際に鋼板の露出した箇所は再度エポキシプライマーを塗布しました。
053_20180424170121999.jpg

054_20180424170122dc2.jpg

規定時間を挟んでウェットオンウェットで内板色→ボディー色のシルバーを薄く塗り、艶消し剤を混ぜて艶を抑えたクリヤーを塗布しました。
065_2018042417012402d.jpg

乾燥後、バッテリーやハーネスなどを組み立てました。
001_20180424170651dff.jpg


次にバックパネルの右側が潰れていましたので板金を行いました。
002_20180424170653326.jpg

003_20180424170653cf4.jpg

左側は正常です。
004_20180424170655ea9.jpg

006_20180424170656a98.jpg

007_20180424170658c1e.jpg

テールランプを合わせながら板金しました。
016_20180424170659e0e.jpg

017_201804241707017ec.jpg

中央にもヘコミがありましたので板金しました。
018_20180424170702a95.jpg

板金箇所と周辺を研摩して脱脂清掃を行い、下塗りをするまでに時間が空く為に新たな錆の原因になりますのでエポキシプライマーを刷毛塗りしました。
021_20180424170704e11.jpg

023_20180424170705834.jpg

続きます。
スポンサーサイト



2018年04月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
コメント

管理者だけに表示する