FC2ブログ

日産 フィガロ リフレッシュ④

赤外線乾燥と大まかな磨きを行いました。
001 (2)

001 (3)

001 (1)

001 (4)

ドアを車体に取り付けました。
001 (6)

なるべくキズを付けない様にしながら組み立てていきますので全然進んでいきません(笑)
001 (5)

ゴム関係も殆ど製廃で再使用ですので、汚れや塗装ミストを清掃して取り付けました。
001 (8)

001 (7)

フェンダーを大まかな位置に取り付けました。
001 (11)

ワイパーリンクは清掃して錆の出ているボルト、ナットを交換、グリスアップして取り付けました。
001 (12)

001 (13)

001 (14)

001 (15)

001 (16)

ワイパーとフロントパネルのステーは錆と塗膜の剥がれがありますのでブラストで処理しました。
001 (18)

001 (19)

001 (20)

001 (21)

キャップはプラスチックですので研摩しておきます。
001 (22)

脱脂清掃後エポキシを塗布して半艶の黒を塗布しました。キャップはプラスチックプライマー→半艶黒です。
001 (23)

001 (24)

001 (25)

001 (26)

ボルトを取り替えて取り付けました。
001 (27)

001 (28)

001 (29)

001 (30)

トランクに付属品を取り付けて車体へ取り付けます。
001 (31)

001 (32)

001 (38)

001 (39)

給油口のゴムなども塗装のミストがびっしり付いていますので清掃しながら組み立てていきます。
001 (33)

001 (34)

001 (40)

001 (41)

001 (42)

001 (43)

ゴムを駄目にしないように除去、清掃をする作業で数日掛かりました。利益の事を考えると雑になりますので思考を停止して黙々と進めていきます(笑)
001 (35)

001 (36)

001 (49)

001 (48)

001 (37)

001 (56)

ガラスなどもなるべく清掃しておきます。
001 (46)

001 (47)

001 (44)

001 (45)

001 (51)

001 (50)

001 (52)

モールなどもなるべく磨いておきました。
001 (53)

001 (54)

バンパーは表を磨き、裏は浮き錆がありましたのでエスコを塗布して黒を塗布しました。
001 (55)

001 (57)

001 (58)

一部ですが新品部品が出たモールは交換しました。
001 (59)

001 (60)

001 (61)

001 (62)

001 (63)

001 (65)

新品が無いモールはなるべくヘコミや変形を目立たなくして取り付けました。
001 (66)

001 (67)

001 (68)

左側は以前の脱着でグネグネになっていて交換したかったですが良いリサイクルパーツも見つかりませんでした。
001 (69)

001 (70)

001 (71)

元よりは目立ちにくくなっていると思います。
001 (72)

001 (73)

001 (75)

フェンダーモールは新品です。
001 (84)

001 (76)

001 (77)

ガラス屋さんによりガラスの貼り付けをしていただきました。
001 (83)

カウルトップにダクトやウェザーを取り付けて車体に取り付けました。
001 (78)

001 (79)

001 (80)

001 (81)

チリなど調整しながら固定していきます。
001 (85)

ヘッドライトトリムも新品がありましたのでバイザーを組み替えて取り付けました。
001 (94)

001 (95)

001 (96)

001 (92)

001 (93)

キャンバストップを組み立てていきます。
001 (97)

001 (98)

残っている両面テープや接着剤を除去しました。
001 (99)

リヤガラス周りのパネルはガラスの取り付け時に生地を貼っていただきました。
001 (100)

001 (101)

清掃したウェザーなどを取り付けて、キャンバスフレームに固定しました。
001 (102)

001 (103)

001 (104)

新品の生地にリテーナーを組み替えてテンションワイヤーを通して仮組みしていきます。
001 (106)

001 (107)

001 (105)

001 (108)

001 (109)

位置が決まったら前後を接着しました。
001 (110)

001 (111)

001 (112)

残りの作業があるので汚れないようにしておきます。
001 (113)

シートや内装部品をリペアしていただいて納品されましたので組み立てていきます。
001 (86)

001 (87)

001 (89)

001 (114)

001 (115)

001 (116)

001 (117)

取り付け前に清掃したりクォーター内などに防錆剤を入れたりして組み立てました。
001 (118)

001 (119)

001 (120)

キャンバストップの組み立ても同じですが、白いので汚れが気になって途中で何回手を洗ったか分かりません(笑)
001 (126)

001 (121)

ドア内のシーリングスクリーンも製廃でしたので近い厚さのビニールを用意してカットして使用しました。
001 (122)

001 (123)

001 (124)

001 (125)

001 (129)

001 (128)

001 (130)

001 (132)

001 (131)

ガラスコーティングや点検、清掃を行いました。
001 (158)

001 (135)

陸送の引取りに合わせて最後の洗車を行いました。
001 (136)

001 (137)

001 (138)

001 (139)

001 (140)

001 (141)

001 (160)

001 (159)

001 (143)

001 (144)

001 (145)

001 (146)

001 (147)

001 (148)

001 (149)

001 (150)

001 (151)

001 (152)

001 (153)

001 (154)

001 (155)

001 (156)

大変長いお預かりになってしまい、お待ちいただいてありがとうございました。
001 (161)

新車から乗られているそうで、ご家族の中で引き継がれて行く為のリフレッシュとの事でした。
思い出の1ページになる作業に選んでいただきまして大変感謝しています。
001 (162)

001 (163)

今回も、ご依頼誠に有難う御座いました。
001 (164)

001 (165)

スポンサーサイト
2019年02月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

日産 フィガロ リフレッシュ③

ホイールキャップもキズなどを研磨してプラスチックプライマー→軟質化したウレタンサフェーサーを塗布しました。
001_20190205185446c23.jpg

003_20190205185447a64.jpg

タワーバーの台座、ナンバーステー、固定ボルトはブラストで処理をしました。
004_2019020518544890f.jpg

005_20190205185450399.jpg

007_20190205185451809.jpg

008_201902051854530da.jpg

フロントフード、上トランクの裏面と同時に塗装します。
009_20190205185454626.jpg

010_201902051854560b6.jpg

ブラストした部品はエポキシプライマーを塗布しておきます。
013_20190205185457f63.jpg

014_20190205185459cd7.jpg

サフェーサーの研磨で素地の露出した箇所にも塗布しました。
016_2019020518550046f.jpg

純正色の標準配合で色を作って塗装しました。
017_201902051855027d2.jpg

クリスタルクリヤーを使用しました。
020_201902051855036e1.jpg

021_20190205185505d4f.jpg

025_20190205185506f57.jpg

029_2019020518550803a.jpg

順番にサフェーサーを研磨してすぐに塗装出来ない物は汚れない様に保管しておきます。
031_2019020518550914b.jpg

ルーフなどホワイトの箇所を塗装していきます。
033_2019020518551160e.jpg

038_20190205185512395.jpg

039_20190205185514c0f.jpg

040_20190205185548cd5.jpg

041_20190205185550dc9.jpg

こちらも純正色のホワイトです。
043_2019020518555108c.jpg

ルーフ以外はプラスチックなので、小さい方の缶の軟化剤を混合したプラスチック仕様にしています。
044_2019020518555343f.jpg

047_20190205185554afb.jpg

049_201902051855567f4.jpg

051_201902051855578b4.jpg

052_20190205185559f76.jpg

053_20190205185600e78.jpg

055_20190205185602c50.jpg

続いてベージュの部品です。
001 (1)

001 (2)

001 (3)

001 (4)

素地が露出した箇所にはプライマーを塗布しておきます。
001 (5)

ベースコートを塗布しました。
001 (11)

クリヤーを塗布しました。こちらもフェンダー等の樹脂には軟化剤を混合して、それ以外の金属部品は標準で塗装しています。
001 (12)

001 (15)

001 (16)

001 (18)

001 (21)

他の部品も同様に進めました。
001 (23)

001 (24)

001 (25)

001 (26)

001 (32)

001 (33)

001 (35)

車体も同様に進めました。
001 (40)

001 (41)

001 (42)

001 (45)

001 (50)

001 (51)

001 (52)

001 (55)

001 (58)

001 (59)

001 (60)

続きます。
2019年02月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
 | HOME |