FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Porsche911 Carrera2 オールペイント⑦

092_201805211810097b7.jpg

フロントフードを取り外して付属品を分解しました。
095_20180521181010173.jpg

097_20180521181010289.jpg

RS用のフードサポートの取り付けをご依頼いただきましたので、RSの写真を参考に仮組みしました。
098_20180521181012c18.jpg

101_20180521181013735.jpg

102_20180521181015607.jpg

104_20180521181016e79.jpg

裏、表を脱脂して研摩していきます。
023_20180521181539d02.jpg

025_201805211815401f7.jpg

表面は研摩して塗膜を除去しました。
028_20180521181541c1c.jpg

鋼板に達していた飛び石キズの箇所はブラストで処理しています。
029_20180521181542a02.jpg

031_20180521181543cbb.jpg

032_20180521181545cc0.jpg

035_2018052118154690b.jpg

038_20180521181548780.jpg

脱脂清掃を行いエポキシプライマーを塗布しました。
039_2018052118154982b.jpg

040_20180521181551ba6.jpg

041_201805211815533cb.jpg

045_20180521181554e55.jpg

規定時間後サフェーサーを塗布しました。
047_20180529152053a93.jpg

049_20180521181555b28.jpg

開口部をマスキングしてウェザーストリップ等を取り外します。
057_201805211818279d0.jpg

059_20180521181828558.jpg

060_20180521181828133.jpg

063_2018052118183048b.jpg

064_20180521181831b15.jpg

065_20180521181833932.jpg

068_20180521181834ffa.jpg

接着剤が多用されていますので除去するのにも時間が掛かります。
074_20180521181836911.jpg

004_20180521182344a30.jpg

075_20180521181838169.jpg

ガラス周辺のシーラーもなるべくカッターナイフなどを使わない様に(錆の原因になります)除去しました。
003_20180521182342bcd.jpg

006_20180521182346f66.jpg

005_20180521182344013.jpg

022_20180521182349f1e.jpg

012_201805211823477d9.jpg

脱脂剤で全体を清掃して左フロントフェンダーのヘコミの箇所を修理しました。
023_20180521182350927.jpg

024_201805211823527e6.jpg

029_20180521182353396.jpg

外装の表面は全体を剥離しますので、なるべく鋼板を出さないようにして荒削りしておきます。
032_20180521182355ba2.jpg

ルーフにも2箇所ほどヘコミがありましたが、こちらも軽いヘコミでしたので接着剤で引き出しました。
037_20180521182356993.jpg

040_20180521182358a05.jpg

041_20180521182359669.jpg

043_201805211824012bb.jpg

048_20180521182405364.jpg

044_20180521182402913.jpg

045_20180521182404f5f.jpg

049_20180521182504169.jpg

050_20180521182505930.jpg

051_20180521182507434.jpg

052_2018052118250850c.jpg

部分的にパテは出てきますが酷く修正されていた箇所はありませんでした。
053_201805211825108e3.jpg

まずは左のフェンダーから研摩して除去しました。
001_2018052914483707b.jpg

002_20180529144838b78.jpg

脱脂清掃、マスキングしてエポキシを塗布しました。
006_20180529144839169.jpg

007_201805291448404d1.jpg

008_20180529144842a14.jpg

009_2018052914484326c.jpg

規定時間後サフェーサーを塗布しました。
朝から研摩してサフェーサーまで終えると夕方になりますので1日時間の空いている時に1パネルづつの作業になります。
効率を考えますと全体を同時に進めたいのですが、数日かけて全体を研摩している間に錆が発生する可能性が高いので鋼板の露出から下塗りまではなるべく短い時間で済むように進めています。
24時間エアコンの効いた工場なら湿度を低く保てますので、こんな心配も無さそうですね・・・。
010_201805291448455e7.jpg

012_20180529144846a87.jpg

続いて左クォーターです。
016_20180529144922328.jpg

018_2018052914492313e.jpg

新車からの溶接痕ですがドアを開けた時などに気になるとの事ですので、なるべくなだらかになるように研摩しておきます。
013_20180529145125991.jpg

015_201805291451275db.jpg

同じ様にサフェーサーまで塗布しました。
023_20180529145127097.jpg

026_20180529145128e70.jpg

027_2018052914513035a.jpg

031_20180529145131be1.jpg

033_201805291451334e7.jpg

穴を塞いでいた箇所はエポキシを刷毛塗りしました。
036_201805291451344f5.jpg

037_2018052914513653f.jpg

038_20180529145137cc4.jpg

続いてエンジンルーム周辺です。
001_201805291453083c5.jpg

溶接の繋ぎ目などあまり綺麗ではないですが新車(下塗りの電着塗膜の下です)からこのような感じです。個体差があったり、複数のマイスターが作業しているのか左右で違っていたりしますので、こういった箇所が綺麗過ぎる場合は大きな修理をしているかもしれません。
004_2018052914531075b.jpg

亀裂の入った箇所があります。
002_20180529145309490.jpg

研摩してみると製造時のスポット溶接痕が深過ぎる箇所を埋めてありました。
006_2018052914531127a.jpg

025_20180529145541046.jpg

右側のスポット痕
016_20180529145538332.jpg

左側はあまりスポット痕が無く、ハンダでなだらかにしてありました。この辺りも気になるとの事ですので、サフェーサー後に修正になります。
009_201805291455368ef.jpg

細かい箇所が多く時間が掛かりましたので、この範囲で下塗りをしておきます。
029_20180529145542ca4.jpg

032_20180529145544b95.jpg

033_20180529162651637.jpg

続いて右クォーターパネルです。
034_20180529145807188.jpg

パテが入っている箇所がありましたが剥がしてみると鋼板には損傷はありませんでした。
035_201805291458086c5.jpg

037_20180529145809dde.jpg

039_20180529145810be4.jpg

041_2018052914581294b.jpg

042_201805291458131ae.jpg

045_20180529145815431.jpg

046_201805291458169a2.jpg

047_2018052914581828c.jpg

048_2018052914581900d.jpg

049_20180529145821611.jpg

時間が掛かりますのでステップやピラーは途中までで、別の日にオーバーラップします。
050_201805291458226bf.jpg

051_20180529145824ce1.jpg

続いてルーフとリヤガラス周りです。
053_20180529150047e87.jpg

055_20180529150048ae6.jpg

056_20180529150049300.jpg

058_201805291500509fc.jpg

059_20180529150052bd5.jpg

060_20180529150054005.jpg

061_201805291500557f0.jpg

065_20180529150056444.jpg

066_20180529150058557.jpg

068_201805291642176ba.jpg

072_2018052915005960c.jpg

074_20180529150101140.jpg

071_20180529164219aa7.jpg

続きます。
スポンサーサイト
2018年05月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche911 Carrera2 オールペイント⑥

乾燥したフェンダーを車体に取り付けて大まかに位置を調整しておきます。
087_20180515154020bc8.jpg

092_201805151540223b6.jpg

ドアの残りの付属品を取り外して車体から取り外しました。
110.jpg

114_20180515154024b06.jpg

122_201805151540252fb.jpg

123_20180515154027b1c.jpg

糊やグリスなどを除去しました。
124_20180515154028184.jpg

125_20180515154030a30.jpg

126_201805151540310e0.jpg

127_20180515154033c92.jpg

128_201805151540354d7.jpg

130_20180515154036148.jpg

表と裏の脱脂を兼ねて洗浄しました。
001_20180515154336f81.jpg

002_20180515154338313.jpg

乾燥後、左のドアから作業していきます。
裏面の下の方にヘコミがありましたので板金しました。
006_201805151543380ac.jpg

007_20180515154340c89.jpg

全体を研摩しました。
008_201805151543411ba.jpg

表面はヘコミが何箇所かあり、小さなヘコミは接着で引き出して修理して、ドアハンドル周辺のヘコミは普通に板金しました。
011_2018051515434340a.jpg

015_20180515154344d81.jpg

017_2018051515434756f.jpg

表面は全ての塗膜を研摩していき剥離しました。再塗装はしてありましたが大きな損傷はありませんでした。
019_201805151543497a4.jpg

021_201805151543500a5.jpg

022_20180515154352259.jpg

脱脂清掃を行いエポキシプライマーを塗布しました。
023_20180515154353112.jpg

024_2018051515464605f.jpg

026_20180515154647d0b.jpg

028_20180515154648ac4.jpg

029_201805151546496cb.jpg

030_2018051515465162f.jpg

規定時間後、サフェーサーを塗布しました。缶はホワイトですがブラックもあり混合できますので、上塗りのスカシの明度に近くなるように混合したグレーです。
035_2018051515465245c.jpg

比率を変えたサフェーサーの塗り板で確認しています。デュポンで言う所のバリューシェードの様に使っています。
039_20180515154654aa0.jpg

光の加減ですが裏と表は同じです。
041_20180515154655bfc.jpg

045_20180515154657441.jpg

右のドアも同様に作業しました。
073_201805151555334c4.jpg

裏面は似たような箇所にヘコミがありました。
075_20180515155808c21.jpg

105_2018051515581071e.jpg

表面は小さなヘコミが数箇所でした。
056_20180515155527d5c.jpg

引き出して修理しました。
070_20180515155532d6d.jpg

キズや汚れの上から塗装してあり怪しいので表面は塗膜を除去しました。
064_20180515155529875.jpg

065_201805151555311e3.jpg

106_20180515155810528.jpg

107_201805151558113e6.jpg

108_20180515155813be0.jpg

110_20180515155814802.jpg

金属素地を露出させたらその日の内に下塗りまで進めたいので1パネルづつ進めています。
脱脂清掃してエポキシを塗布しました。
111_20180515155817fc0.jpg

112_20180515155818d0a.jpg

113_201805151558198d5.jpg

115_20180515155820949.jpg

サフェーサーを塗布しました。
117_20180515155822763.jpg

118_20180515155823995.jpg

続きます。

2018年05月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche911 Carrera2 オールペイント⑤

続いてジャッキアップポイントの修理を行います。
001_20180508173056d4a.jpg

002_201805081730581a7.jpg

走行中に引っかかって外れてしまったそうです。溶接箇所が千切れて外れています。
003_20180508173058277.jpg

新品のブラケットです。
004_20180508173100cee.jpg

車体側の変形している箇所を修正して仮合わせしています。
005_20180508173101a97.jpg

元の位置に合いましたので車体側の合わせ目を研摩しました。
011_201805081731039e6.jpg

014_20180508173105a68.jpg

ブラケット側も研摩しておきます。
017_20180508173106e89.jpg

配管や室内側に部品が付いたままで危なくて溶接できませんので、接着剤での取り付けになります。
耐衝撃構造用接着剤でパネルボンドと比較して、より衝撃などに強くなっているエポキシ接着剤です。
019_20180508173107528.jpg

車体側とブラケットの研摩した箇所を脱脂清掃して接着剤をブラシで塗っていきます。
022_20180508173109494.jpg

023_20180508173110d67.jpg

金属素地の露出している箇所全てに塗布した後にビード状に塗布して車体へ取り付けます。
024_20180508173112b86.jpg

025_201805081731133af.jpg

硬化プロセスが始まると紫色に変化しながら硬化します。
004_20180508173308fe5.jpg

006_201805081733090d1.jpg

硬化後、ブラケットと周辺を研摩して脱脂清掃を行いエポキシプライマーを塗布しました。
008_2018050817331085b.jpg

009_20180508173311312.jpg

010_20180508173313511.jpg

プライマーを乾燥させて研摩、脱脂清掃、マスキングを貼り直しました。
060_20180508173314aeb.jpg

スプレーシーラーで覆われていますのでエアーのシーリングガンでスプレーしました。
063_20180508173529daf.jpg

065_20180508173530e65.jpg

068_201805081735313b3.jpg

069_2018050817353283e.jpg

カラーベース→クリヤーを塗布しました。
072_20180508173533e75.jpg

074_2018050817353507d.jpg

乾燥後、サービスホールのカバーを取り付けてこの箇所の修理は完了です。
077_20180508173536cc7.jpg


サンドブラストをお願いしていたフェンダーの納品日に合わせてエンジンフードの作業を進めました。
011_20180508174011f21.jpg

表と裏の洗浄、乾燥を行い裏面から研摩していきます。
小傷や新車塗膜の粗はありますので全体を研摩しました。
013_20180508174013c2b.jpg

015_20180508174013d1b.jpg

016_201805081740153c8.jpg

表面は念の為に剥離する事になりましたので研摩して塗膜を除去しました。
019_201805081740164c5.jpg

020_20180508174018f70.jpg

025_2018050817401902b.jpg

全体に黒っぽくムラに見えるのは錆やヘコミでは無く、鋼板表面の亜鉛メッキの削れムラです。
021_20180508174258f70.jpg

フロントフェンダーが不二製作所様から戻ってきました。
026_20180508174300f9e.jpg

029_20180508174303542.jpg

ダメージの無かったチッピング箇所は表面の塗膜のみを除去していただきました。板金塗装経験者の女性のスタッフさんで「再現の難しいチッピングは剥がさない方が良いだろう」、との判断で作業していただいたそうです。有難う御座いました。
030_20180508174305e2f.jpg

031_201805081743060a2.jpg

錆のあった箇所も綺麗に処理していただいています。
039_20180508174313ecc.jpg

こういった細かい箇所の綺麗さはサンドブラストならではですね。
027_20180508174300283.jpg

038_20180508174311996.jpg

037_20180508174309cbf.jpg

新たな錆が怖いので速やかに残渣の清掃、脱脂を行います。
045_20180508174314a14.jpg

エンジンフードと一緒にエポキシプライマーを塗布しました。
046_201805081745060d9.jpg

047_2018050817450756a.jpg

048_201805081745075a3.jpg

053_20180508174510063.jpg

フェンダーはこの後、板金を行いますのでエポキシのみです。車体との当たり面は厚めに塗っておきます。
051_20180508174509f89.jpg

エンジンフードは規定時間後サフェーサー(システムフィラー)を塗布しました。
054_20180508174512066.jpg

056_201805081745136e4.jpg

フェンダー裏面は外装色を薄く塗りました。
058_20180508174515489.jpg

取り付けに使うクリップナットも念の為エポキシを塗りました。
085_20180508174637289.jpg


続きます。
2018年05月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911 Carrera2 オールペイント④

014_20180501174213014.jpg
ドアミラーは純正の角型の方がお好みとの事で、中古部品をご用意していただきました。

車体に合わせて確認後、分解しました。
017_20180501174214ffd.jpg

汚れと油分を洗浄しておきます。
018_20180501174215489.jpg

乾燥後、状態を確認しています。
塗膜が縮んだ様な箇所もあり怪しいのでサンドブラストで剥離する事にしました。
019_20180501174216d1c.jpg

ヘッドライトリムも様子がおかしかったので少し削ってみました。
020_20180501174218602.jpg

何度か塗られているようで、こちらもブラストで剥離します。
022_201805011742194a4.jpg

表、裏全てブラストで処理しました。フューエルリッドもついでに処理しておきました。
024_20180501174221b42.jpg

025_201805011742226e8.jpg

脱脂清掃を行いエポキシプライマー(STANDOX EP)を塗布しました。
032_20180501174224259.jpg

034_201805011742259a5.jpg

規定時間後、サフェーサー(STANDOX システムフィラー)を塗布しました。
038_20180501174227a95.jpg

040_201805011743407e8.jpg

041_201805011743423e2.jpg

043_201805011743437d1.jpg

ガラス屋さんにガラスを取り外してもらいましたので、クォーターモールを取り外しました。
050_20180501174344715.jpg

ビスの頭が錆で崩壊していました。
051_20180501174345a54.jpg

モール(アルミ)を損傷しないように何とか取り外し出来ました(数時間掛かってしまいましたが・・笑)
053_20180501174347368.jpg

新品の供給はありますので破壊すれば数分で取り外す事ができますが、そのスタンスで車全体を作業しますとオーナー様の負担が大きくなりますので、なるべく慎重に作業しています。
モールは左右とも無事ですので、ビスのみ左右分の新品が必要になります。
055_20180501174348184.jpg

続きます。
2018年05月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。