FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Porsche 911 Carrera2 オールペイント③

続きましてフロントのトランクフロアの修理です。
004_2018042416351655d.jpg

バッテリー周辺の錆の修理です。
005_20180424163517a59.jpg

周辺を分解して研摩しました。
しっかりと修理する場合は、バッテリートレーの溶接を剥がしたりABSポンプの取り外し、場合によってはフロアのカット修理が必要になり高額になりますので、今回は簡単な方法で様子を見ていただく修理になります。
015_20180424163518aee.jpg

脱脂清掃を行い、カーボマスチックを刷毛塗りして乾燥させました。
017_20180424163519eed.jpg

018_20180424163521e7d.jpg

フロア全体を研摩して脱脂清掃、マスキングを行いました。
030_201804241701029df.jpg

エポキシプライマーを塗布しました。
034_20180424170104e54.jpg

036_2018042417010440c.jpg

エポキシを塗るついでに車体側フロントフェンダー当たり面の錆などを研摩しました。
037_20180424170106c54.jpg

038_20180424170107118.jpg

043_20180424170109de5.jpg

044_20180424170110921.jpg

045_20180424170112c47.jpg

こちらは脱脂清掃後、刷毛塗りしました。
046_20180424170113e34.jpg

048_20180424170115492.jpg

トランクフロアのエポキシの乾燥後、塗装範囲を研摩、脱脂清掃、マスキングを行いました。
051_201804241701181e9.jpg

052_2018042417011967c.jpg

新車からの溶接のスパッタの頭など研摩した際に鋼板の露出した箇所は再度エポキシプライマーを塗布しました。
053_20180424170121999.jpg

054_20180424170122dc2.jpg

規定時間を挟んでウェットオンウェットで内板色→ボディー色のシルバーを薄く塗り、艶消し剤を混ぜて艶を抑えたクリヤーを塗布しました。
065_2018042417012402d.jpg

乾燥後、バッテリーやハーネスなどを組み立てました。
001_20180424170651dff.jpg


次にバックパネルの右側が潰れていましたので板金を行いました。
002_20180424170653326.jpg

003_20180424170653cf4.jpg

左側は正常です。
004_20180424170655ea9.jpg

006_20180424170656a98.jpg

007_20180424170658c1e.jpg

テールランプを合わせながら板金しました。
016_20180424170659e0e.jpg

017_201804241707017ec.jpg

中央にもヘコミがありましたので板金しました。
018_20180424170702a95.jpg

板金箇所と周辺を研摩して脱脂清掃を行い、下塗りをするまでに時間が空く為に新たな錆の原因になりますのでエポキシプライマーを刷毛塗りしました。
021_20180424170704e11.jpg

023_20180424170705834.jpg

続きます。
スポンサーサイト
2018年04月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911 Carrera2 オールペイント②

232.jpg

フロントバンパーを車体から取り外して付属品を分解しておきます。
233.jpg

234.jpg

元は黄色のバンパーを塗っている様でペーパーの当たり難い箇所から剥がれて来ています。
236.jpg

237.jpg

サイドカバーを取り外します。
238.jpg

242.jpg

片側は修理してあり、あまり程度が良く無いのでオーナー様にご用意していただいた中古に交換です。
243.jpg

245.jpg

リヤバンパーを取り外します。
254.jpg

リベットなどを取り外して分解しました。
259.jpg

260.jpg

261.jpg

026_20180409182447ff3.jpg

エンジンフードを取り外して付属品を分解しました。
011_20180409182443dc3.jpg

013_20180409182445bc5.jpg

016_20180409182446c0f.jpg

ドアを分解しておきます。
051_20180409182448f69.jpg

汚れやすい内装などは梱包して保管しておきます。
053_20180409182450bc6.jpg

サッシやガラス等を取り外しました。
069_201804091824517d0.jpg

070_20180409182453d6a.jpg

074_2018040918261175f.jpg

分解していくと劣化で再使用出来なくなる部品が出てきます。
073_20180409182610360.jpg

085_20180409182612e55.jpg

反対のドアもある程度の所まで分解しておきます。
086_20180409182613704.jpg

取り外した部品を洗浄しました。
093_20180409182752fe1.jpg

094_20180409182753ed6.jpg

095_20180409182754ecd.jpg

096_2018040918275511c.jpg

097_20180409182757ea2.jpg
099_20180409182758475.jpg

101_201804091828009e0.jpg

103_20180409182801a0e.jpg

右フロントフェンダーはライトケース周辺に変形がありました。
105_2018040918283490f.jpg

クランプで引き出した跡があり、形が崩れていました。
088_2018040918295358f.jpg

ライトケース周辺はパテで作ってあり、厚く盛ってあるパテが割れていました。
板金し直すのがかなり大変そうな為、打ち合わせの結果、中古のフェンダーに交換する事になりました。
092_20180409182954ec8.jpg

フェンダーを取り外しました。
111_201804091829550cf.jpg

オーナー様持ち込みのフェンダーです。
小さなヘコミが沢山あり程度が良いとは言えませんが、大きな変形はありませんので、元のフェンダーを板金するよりは良い結果になりそうです。
114_2018040918312834b.jpg

車体に固定してフィッティングをチェックしておきます。
115_201804091831300c8.jpg

120_20180409183130f34.jpg

122_2018040918313229e.jpg

問題無さそうなので車体から取り外してクリップナットを外しておきます。
新車時から、親の仇かと言う位にシーリングが打ってありますのでこれを外すだけでも結構大変です(笑)
123_2018040918313322b.jpg

124_20180409183135144.jpg

フェンダーとバンパー関係はサンドブラスト処理をお願いする事になりましたので、フェンダーも洗浄しておきました。
125_20180409183136645.jpg

126_20180409183138fcd.jpg

続きます。
2018年04月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911 Carrera2

193_20180403090935643.jpg

オールペイントでお預かりしました、ポルシェ 964 カレラ2 です。
ご予約から長くお待ちいただいてありがとうございます。ようやくお預かり出来ました。

194_201804030909375c9.jpg

状態を把握する為にまずは洗車を行いました。
195_201804030909377d3.jpg

197.jpg

分解する前に外から見える範囲の状態を把握していきます。
200.jpg

膜厚計で各パネルを計測して塗膜の厚さをチェックしました。
201.jpg

どのパネルが再塗装してあるか、パテが厚く入っているのか等を把握しておき、オーナー様と打ち合わせながら修理の方向性を決めていきます。
202.jpg

目視で目立つ箇所もチェックしておきます。
214.jpg

見え難いですがドアハンドルの際からクリヤーが剥がれてきています。
きちんと足付けせずに塗ってあるのか、材料が良くないのか(ベースとクリヤーの他メーカーによる層間剥離など)、他の箇所も同じなのか?など過去の修理を想像しながら、予算の中でどのような修理が最善かを考えるのは楽しいですが毎回頭を悩ませます。
215.jpg

226.jpg

ガラス下は錆が出ています。
228.jpg

ウェザーストリップやついでに交換したい部品はオーナー様がご用意して下さいました。
230.jpg

続きます。
2018年04月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。