FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

SKYLINE GT-R BNR32 オールペイント⑩

001_2018011610124433f.jpg

フェンダー、ドア、ドアハンドルを研摩、脱脂清掃を行いました。
002_20180116101246468.jpg

003_2018011610124689e.jpg

005_20180116101247dc3.jpg

006_20180116101249f26.jpg

車体と同じ工程で研ぎ出した箇所にプライマーを塗布してベースコートを塗っていきます。
007_2018011610125019f.jpg

010_20180116101252239.jpg

011_20180116101253858.jpg

015_20180116101255e8a.jpg

クリヤーコートしました。
017_20180116101256853.jpg

018_20180116101258048.jpg

023_20180116101259ab5.jpg

025_20180116101301c71.jpg

031_20180116101302a2d.jpg

026_20180116101545758.jpg

ボンネット、トランクを研摩して裏面をマスキングして同じ工程で塗装しました。
032_20180116101547c8d.jpg

033_201801161015475ed.jpg

034_20180116101549965.jpg

035_20180116101550569.jpg

036_2018011610155279c.jpg

039_2018011610155363c.jpg

044_20180116101555923.jpg

ストラットタワーバーの台座とパネルの取り付けボルト、リヤスポイラーの中のステーを進めていきます。
001_20180116102016bf2.jpg

002_201801161020175bd.jpg

003_20180116102017cc1.jpg

004_20180116102019b97.jpg

005_201801161020207a2.jpg

006_2018011610202228c.jpg

それぞれ錆や腐食などがありますのでサンドブラストで処理しました。
007_20180116102023466.jpg

009_20180116102025a4e.jpg

ボンネットヒンジはサフェーサーを研摩しておきます。
015_20180116102026efb.jpg

脱脂清掃後、エポキシプライマーを塗布しました。
020_20180116102028141.jpg

021_20180116102029eec.jpg

022_20180116102031935.jpg

ベースコート→クリヤーコートしました。
024_201801161020320c6.jpg

029_20180116102034a84.jpg

034_201801161020380b4.jpg

030_20180116102035cc0.jpg

031_20180116102037cff.jpg

スポイラーステーはカーボマスチックを刷毛塗りしました。
036_20180116102040e3b.jpg

続いてプラスチックパーツです。
001_20180116102652ec6.jpg

002_201801161026533c7.jpg

研摩、脱脂清掃後、素地の露出した箇所はプラスチック用に添加剤を加えたノンストップシーラーを塗布しておきます。
006_20180116102654bba.jpg

クリヤーには軟化剤を加えたプラスチック仕様にしてあります。
007_20180116102655aa9.jpg

008_20180116102657a3d.jpg

010_2018011610265823b.jpg

012_201801161027004c6.jpg

013_2018011610270166d.jpg

014_20180116102703332.jpg

015_2018011610270482b.jpg

017_20180116102706495.jpg

019_20180116102707b18.jpg

こちらも同様に塗装しました。
024_20180116102709381.jpg

027_201801161027105a0.jpg

031_20180116102712974.jpg

032_20180116102713e84.jpg

035_2018011610271667c.jpg

039_20180116102901dbf.jpg

040_20180116102902b5b.jpg

041_20180116102903ef4.jpg

042_20180116102904a70.jpg

045_2018011610290666b.jpg

047_201801161029070fc.jpg

049_20180116102909478.jpg

052_20180116102910e6d.jpg

フロントスポイラーを塗装していきます。
055_20180116102912b46.jpg

オーナー様のご希望でトヨタ205 ブラックメタリックで色を作りました。
054_201801161030524b4.jpg

全体にプライマーを塗りました。
058_20180116103037b97.jpg

061_20180116103037d11.jpg

カラーベース→クリヤーコートしました。
062_2018011610303950d.jpg

063_201801161030401e1.jpg

写真は塗りたてですが、シボ模様を残したままですのでもう少し艶が引いていきます。
065_20180116103042f3c.jpg

長かった塗装工程が終了しました。
続きます。
スポンサーサイト
2018年01月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

SKYLINE GT-R BNR32 オールペイント⑨

001_201801091122587ae.jpg

車体へパネルを仮合わせしてドアヒンジの位置を決めます。
007_201801091123002c0.jpg

012_20180109112301aee.jpg

ヒンジの当たり面にシーリングして固定後、はみ出したシーーラーを拭き取っておきます。
015_201801091123029d6.jpg

トランク、ボンネットの裏面のサフェーサーを研摩しました。
019_20180109112304345.jpg

020_20180109112305662.jpg

021_201801091123074df.jpg

022_2018010911230888c.jpg

026_20180109112310269.jpg

脱脂清掃を行い、研摩の際に金属素地の露出した箇所にプライマーを塗布しました。
027_20180109112311bdc.jpg

028_201801091123130dc.jpg

029_2018010911231418b.jpg

030_20180109112316db8.jpg

ベースコートを塗装しました。
035_20180109112317a5e.jpg

037_20180109112319fc7.jpg

外装に使用するクリヤー(エクストラクリヤー)を塗布しました。
041_201801091123227b3.jpg

045_2018010911232323d.jpg

車体のサフェーサーを研摩しました。
003_201801091125473dd.jpg

004_20180109112549fcf.jpg

012_20180109112549dd0.jpg

013_20180109112551f76.jpg

粉塵を清掃してマスキングを行いました。
001_2018010911360934a.jpg

002_201801091136100b9.jpg

この日は元旦で、今年1回目の塗装です(笑)
003_20180109113611012.jpg

研摩で金属素地の露出した箇所とエポキシの露出した箇所にプライマーを塗布しました。
007_201801091136124c4.jpg

008_20180109113614d30.jpg

010_20180109113615613.jpg

012_201801091136177c1.jpg

エポキシの箇所はそのまま上塗り出来ますがシルバーの染まりが良くない為、ウレタンサフェーサーと同じ明度になるようにホワイトグレーとブラックで明度を調整したノンストッププライマーサフェーサーを塗布しました。
015_2018010911361835a.jpg

017_201801091136209b8.jpg

020_2018010911362152f.jpg

カラーベースを塗布しました。
021_201801091136233d7.jpg

023_20180109114715501.jpg

025_20180109114716c44.jpg

027_20180109114758eab.jpg

カラーベースの乾燥後クリヤーコートしました。
036_20180109115143214.jpg

039_20180109115144d60.jpg

038_20180109115145ad4.jpg

044_20180109115146cf9.jpg

045_2018010911514736c.jpg

048_20180109115149d48.jpg

054_20180109115150cb2.jpg

056_20180109115152aba.jpg

062_201801091151540d9.jpg

続きます。

2018年01月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

SKYLINE GT-R BNR32 オールペイント⑧

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

続いてエンジンルームの塗装を行いました。
005_2018010213155154c.jpg

キズや錆などがあり、大きな分解を必要としない範囲での塗装になります。
010_20180102131552b83.jpg

013_201801021315537b9.jpg

バッテリー下は軽症ですが錆が出始めています。
018_201801021315548fd.jpg

分解してマスキングしておきます。
028_20180102131556ac5.jpg

029_20180102131557606.jpg

脱脂して錆やキズと塗装範囲を研摩しました。
033_20180102131559e0b.jpg

036_20180102131600303.jpg

038_20180102131602010.jpg

039_20180102131603a7d.jpg

040_20180102131605a75.jpg

脱脂清掃を行い、塗装ブースに移動して再度マスキングをしました。
041_20180102131606654.jpg

042_20180102131608f33.jpg

043_20180102131609559.jpg

044_20180102131610446.jpg

全体にエポキシプライマーを塗布しました。
046_20180102131612ac4.jpg

048_20180102131918077.jpg

049_20180102131918052.jpg

050_20180102131919d8a.jpg

053_20180102131920fe3.jpg

規定時間乾燥後、内板色を塗布しました。
054_201801021319219fc.jpg

056_20180102131923847.jpg

オーナー様との打ち合わせで、今後汚れ難いように艶有りで、との事ですのでクリスタルクリヤーに少しだけ艶消し剤を入れてクリヤコートしました。
066_20180102131924145.jpg

067_20180102131926af6.jpg

073_201801021319272b9.jpg

074_20180102131929f36.jpg

075_201801021319307c7.jpg

乾燥後取り外した部品を組み立てました。
088_2018010213193200a.jpg

089_2018010213193342b.jpg

090_20180102132233916.jpg

093_20180102132211f0d.jpg

094_20180102132213c60.jpg

タワーバーの台座は別工程で塗装しますので、座面を保護して仮止めです。
091_201801021322108f9.jpg

076_201801021322101eb.jpg

純正はクリヤーがしっかり塗られていませんので艶が出て雰囲気は変わりましたが、パーツクリーナーや強めの洗剤でも塗装が簡単に溶ける事はありませんので、キズや汚れも付きにくく掃除など維持がし易くなると思います。
097_20180102132104f2a.jpg

まだまだ続きます。
2018年01月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。