FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Porsche 911 Carrera 2 ④

サッシ等の艶消し黒の部品も傷が多いので処理していきます。
040_20170918144433e82.jpg

分解して脱脂後にキズの箇所と全体を研摩しました。
044_2017091814443454f.jpg

046_20170918144435629.jpg

049_20170918144436dc5.jpg

ナンバーフレームは錆が酷かったのでサンドブラストで処理しました。
059_2017091814443801b.jpg

060_201709181444398d8.jpg

脱脂清掃を行いました。
063_20170918144441624.jpg

066_20170918144442711.jpg

067_20170918144444585.jpg

069_201709181444456d4.jpg

070_20170918144447428.jpg

ノンサンディングサフェーサーを塗布しました。
071_201709181444483ec.jpg

乾燥後、黒のカラーベースを塗布して艶消しにしたクリヤーを塗布しました。
081_20170918144450d58.jpg

083_2017091814445190f.jpg

085_20170918144453584.jpg

車体とドアやフード等を大まかに磨きました。
001_20170918145249aac.jpg

002_20170918145251c7d.jpg

011_201709181452511f8.jpg

016_201709181452520fc.jpg

018_20170918145254d3c.jpg

新品のウェザーストリップやゴム関係を使用して組み立てていきます。
023_20170918145255f34.jpg

024_201709181452576fb.jpg

026_20170918145258a34.jpg

029_20170918145300761.jpg

030_201709181453016ae.jpg

劣化してガタが出ていたドアヒンジのブッシュとピンも新品を使用して組み立てました。
032_201709181454052e4.jpg

033_20170918145406df4.jpg

034_20170918145407531.jpg

037_201709181454082d0.jpg

036_20170918145455175.jpg

取り外されていたアクチュエーターカバーです。
043_20170918145456bb3.jpg

切り取られていたウインドレギュレーターのボルトです。
052_20170918145458368.jpg

053_20170918145459dea.jpg

劣化していたドアストッパーも交換しました。
054_20170918145501431.jpg

割れていたフロントバンパーグリルも交換しました。
057_20170918145502da3.jpg

059_201709181455366aa.jpg

060_2017091814553715c.jpg

サイドガーニッシュのゴムやクリップも新品を使用してあります。
001_201709181506151b5.jpg

002_20170918150616242.jpg

030_20170918151828b4b.jpg

オーナー様に持ち込んでいただいた広角ミラーやLEDバルブやヘッドライトを取り付けました。
002_20170918152028f79.jpg

003_20170918152030a70.jpg

003_20170918163531667.jpg

005_201709181635326e2.jpg

ガラスを取り付けていただいて、仕上げの磨きとガラス系の簡易コーティングを行いました。
008_201709181520313fe.jpg

009_20170918152032d93.jpg

051_20170918152033d72.jpg

清掃と洗車を行って完成になります。
033_20170918152326adb.jpg

032_2017091815232407e.jpg

034_20170918152326c36.jpg

035_20170918152327736.jpg

ドアトリムはオーナー様の方で修理を手配して綺麗になって戻ってきました。
038_20170918152329a30.jpg

016_201709181528133c1.jpg

018_2017091815281558d.jpg

019_20170918152819008.jpg

020_201709181528182b8.jpg

021_201709181528216e5.jpg

025_201709181541594eb.jpg

026_201709181542010f1.jpg

027_201709181542026d2.jpg

024_20170918154158d52.jpg

022_20170918154156d8b.jpg

自分で作業をしていますので、完璧な仕上がりになったと思う事は有り得ませんが、オーナー様には新車の様だと喜んでいただけました。ホテルへ横付けしても大丈夫になっていると思います(笑)

今回のご依頼、誠に有難う御座いました。
023_201709181541576d3.jpg
スポンサーサイト
2017年09月18日 | Comments(2) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911 Carrera 2 ③

続いてプラスチックパーツを修理していきます。
001_20170912080035aa4.jpg

ウイングは経年劣化で割れていました。
004_201709120800373c3.jpg

プラスチック(ポリウレタン)の経年劣化で縮んだり硬くなっていたりしますので、本来なら交換した方が良いと思いますが予算の関係もありますので修理する事になりました。
002_201709120800377af.jpg

006_20170912080039f66.jpg

枠とフィンの部分は接着されていて分解できませんので、研摩して表から溶かしながら補強のネットを埋め込みました。
006_20170912080039f66.jpg

008_20170912080040b08.jpg

010_20170912080042ee9.jpg

研摩、脱脂清掃してプライマーを塗布してからエポキシ接着剤を塗布しました。
018_20170912080043c57.jpg

019_201709120800450fb.jpg

その他の部品も塗膜の劣化している箇所は研摩、除去して変形は熱を加えて修正、などを行い進めていきます。ほぼ全ての部品が無傷では無いので、かなり時間が掛かっています。
022_20170912080046ec2.jpg

023_20170912080048c29.jpg

024_20170912080049e5c.jpg

025_20170912080051adb.jpg

028_20170912080358aba.jpg

029_20170912080359e1f.jpg

031_20170912080400620.jpg

032_20170912080401d6e.jpg

035_2017091208040352b.jpg

041_2017091208040495e.jpg

043_20170912080406d4b.jpg

047_20170912080407728.jpg

049_20170912080409f97.jpg

050_20170912080410a36.jpg

052_20170912080918e94.jpg

064_201709120809195e9.jpg

脱脂、清掃、必要箇所のマスキングを行いました。
085_20170912080920ddb.jpg

087_2017091208092158c.jpg

090_20170912080923a7d.jpg

092_20170912080924c35.jpg

プラスチック素地の露出している箇所はプライマー無しでは密着が悪くなりますので、プラスチックプライマー(サフェーサー)を塗布しました。
098_20170912080926b38.jpg

101_20170912080929690.jpg

102_20170912080930278.jpg

乾燥後、プラスチック用に軟化剤を加えたサフェーサーを塗布しました。
100_201709120809273b4.jpg

103_20170912080932816.jpg

106_2017091208093387e.jpg

108_20170912080935ec5.jpg

111_20170912080936241.jpg

112_20170912080938fd6.jpg

113_201709120809394e3.jpg

乾燥したサフェーサーを研摩していきます。
001_20170912081633f4e.jpg

320番のサンドペーパーからスタートして400→500と徐々に番手を細かくして浅い傷に置き換えていきます。
002_201709120816355c8.jpg

003_20170912081636100.jpg

005_20170912081637ca8.jpg

006_20170912081638b81.jpg

008_20170912081640b66.jpg

プラスチックパーツは最後に水を使って洗浄しました。
010_20170912081641ef3.jpg

012_20170912081643013.jpg

014_20170912081644044.jpg

015_2017091208164644d.jpg

016_201709120816471db.jpg

脱脂、清掃、マスキングを行いました。
001_20170912082013c04.jpg

006_201709120820183db.jpg

007_2017091208201964e.jpg

013_20170912082022457.jpg

008_2017091208202122d.jpg

フロントフェンダーとボディの隙間はシーリングを剥がしましたので打ち直しました。
002_2017091208201479a.jpg

003_20170912082015c3e.jpg

ルーフサイドのシーリングも割れていた箇所にシーリングしておきました。
004_20170912082016f3a.jpg

サフェーサーの研摩で研ぎ破れた箇所はノンサンディングサフェーサーを塗布しました。
015_201709120820248f0.jpg

019_201709120820272d1.jpg

配合データから作ったカラーベースを塗布しました。
017_20170912082025f20.jpg

022_20170912082109e39.jpg

023_20170912082111ad0.jpg

024_201709120821129ae.jpg

カラーベースの乾燥後、クリヤーコートしました。
クリヤーはエクストラクリヤーを使用しました。
021_20170912082326ccf.jpg

026_20170912082328fba.jpg

025_20170912082328fb1.jpg

027_201709120823290d4.jpg

029_20170912082331f76.jpg

030_20170912082332c19.jpg

032_201709120823347d5.jpg

039_20170912082337578.jpg

041_201709120823389cf.jpg

043_201709120823403ed.jpg

044_2017091208234188b.jpg

045_2017091208234390c.jpg

047_201709120823447da.jpg

050_2017091208250936a.jpg


036_201709120823350e9.jpg

フロントフードは裏面を研摩して塗装しました。
056_20170912083050ae4.jpg

057_20170912083052d1e.jpg

プラスチックパーツのマスキング、脱脂清掃を行い必要箇所にノンサンディングサフェーサー(プラスチック仕様)を塗布しました。
061_20170912083052bb4.jpg

065_20170912083054da5.jpg

066_20170912083055f7a.jpg

カラーベース→クリヤーを塗布しました。(エクストラクリヤーを軟質化したプラスチック仕様)
068_20170912083057805.jpg

069_20170912083058d22.jpg

070_20170912083100c35.jpg

077_2017091208310102c.jpg

078_201709120831032dd.jpg

080_2017091208310414f.jpg

083_201709120831062f3.jpg

084_201709120831073b5.jpg

086_20170912083109c3a.jpg

089_20170912083110e4c.jpg

092_20170912083112071.jpg

093_2017091208311340a.jpg

095_20170912083115ab5.jpg

ドアの中のサイレンサーパッドを貼り直しました。
001_20170912113510a94.jpg

004_2017091211351157b.jpg

フードの裏などをマスキングして脱脂清掃を行いました。
005_20170912113511c42.jpg

006_201709121135139e7.jpg

008_20170912113756fa3.jpg

009_20170912113757e67.jpg

010_20170912113758566.jpg

011_20170912113759fe9.jpg

014_20170912113801efb.jpg

必要箇所にサフェーサーを塗布してカラーベース→クリヤーコートしました。
015_2017091211380254e.jpg

016_20170912113804ff2.jpg

017_2017091211380553b.jpg

018_20170912113807bce.jpg

020_2017091211380800a.jpg

022_2017091211381094f.jpg

023_2017091211381197a.jpg

024_2017091211381319a.jpg

026_20170912113814e1e.jpg

030_20170912113816f8a.jpg

032_201709121138175f4.jpg


続きます。
2017年09月12日 | Comments(2) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911Carrera2 ②

右ドアの過去の補修箇所は下地に問題がありますので修理していきます。
024_201708291331212c7.jpg

膜厚計で塗膜の厚さを測って剥がす範囲を決めて研摩していきます。
001_201709051115238b9.jpg

007_20170905111526f96.jpg

008_201709051115289c4.jpg

パテと鋼板の密着もあまり良い状態では無かったです。輸入車は亜鉛メッキが厚い場合が多いので、直接パテを塗布する場合はそれなりの製品を使用する必要があります。
013_2017090511152924a.jpg

015_20170905111531117.jpg

016_201709051115321b6.jpg

損傷をわかりやすくしました。
019_20170905111534fd4.jpg

ドアの裏側はサイレンサーパッドの焼けている箇所がありましたので剥がして確認しました。
021_201709051115355f8.jpg

022_201709051115370cd.jpg

023_20170905111538c67.jpg

絞りで焼けた跡のようです。
024_20170905111540ddd.jpg

026_20170905111541b6e.jpg

板金を行いました。
005_201709051121036c2.jpg

脱脂剤をスプレーして艶を出した状態です。
006_201709051121049a9.jpg

007_20170905112105264.jpg

周辺の塗膜をなだらかに研摩しておきます。ワッシャーを溶接して引き出していますのでクレーター箇所はサンドブラストで処理しています。
013_20170905112106c79.jpg

下地を塗るまでの一時的な防錆として脱脂清掃してエポキシプライマーを塗布しました。
014_20170905112107639.jpg

ドアの残りの付属品を分解して車体から取り外しました。
019_20170905112109962.jpg

021_20170905112110ca7.jpg

022_20170905112112db1.jpg

スカッフプレートやウェザーストリップを取り外します。
024_2017090511211318f.jpg

026_20170905112115639.jpg

残った接着剤や両面テープを除去しました。
029_2017090511211648e.jpg

030_2017090511211805f.jpg

036_20170905112119d51.jpg

左ドアのヘコミは接着剤での引き出しと裏からの押し出しで修理しました。塗膜を研摩すれば良いぐらいまで直りましたので、こちらも取り外します。
039_20170905112121c8d.jpg

044_20170905112300220.jpg

049_20170905112302c9a.jpg

046_20170905112302d66.jpg

051_20170905112304e34.jpg

052_20170905112305c55.jpg

全体を研摩していきます。
001_20170905112346c7f.jpg

004_20170905112446319.jpg

005_20170905112448781.jpg

006_20170905112449f72.jpg

007_20170905112451ed9.jpg

009_2017090511245324d.jpg

ルーフの劣化した塗膜は密着していない層を除去しました。
010_20170905112454856.jpg

011_20170905112455e69.jpg

脱脂清掃、マスキングを行いました。
001_20170905113042d5a.jpg

フェンダーと車体の合わせ目に錆が出ている箇所がありましたので、防錆塗料を流し込みました。
005_201709051130446b9.jpg

002_2017090511304457f.jpg

030_20170905113053802.jpg

006_20170905113046155.jpg

011_201709051130477a5.jpg

013_20170905113050370.jpg

015_201709051130522d5.jpg

エポキシプライマーを塗布しました。
031_201709051130584f7.jpg

032_20170905113059762.jpg

033_20170905113101117.jpg

034_20170905113102d3a.jpg

規定時間を挟んでサフェーサーを塗布しました。
035_20170905113104c34.jpg

036_20170905113105dbf.jpg

037_20170905113107502.jpg

038_20170905113108b01.jpg

039_20170905113110d53.jpg

041_20170905113111912.jpg

048_201709051131321c3.jpg

049_20170905113134f03.jpg

051_20170905113135751.jpg

052_20170905113137f1a.jpg

053_201709051131384b9.jpg

054_2017090511314009e.jpg

取り外したドアの裏側です。
004_20170905123921058.jpg

接着剤などを除去しておきます。
006_20170905123923dd0.jpg

005_201709051239233bd.jpg

016_20170905123925783.jpg

変形している箇所やボルトを削った箇所、凹んでいる箇所を修理しました。
018_20170905123926ba7.jpg

021_20170905123928456.jpg

032_20170905123932490.jpg

023_2017090512392959b.jpg

024_201709051239315cf.jpg

035_2017090512393424f.jpg

037_20170905123935e46.jpg

038_20170905123937bac.jpg

039_2017090512393852b.jpg

046_20170905123940e03.jpg

047_20170905123941a31.jpg

048_201709051239430ef.jpg

049_20170905123944202.jpg

ドア裏の焼けていた箇所も研摩しました。
034 (39)

034 (41)

ドアヒンジはガタがありましたので、ピンとブッシュを交換する事になり抜き取りました。
023_201709051243201af.jpg

024_20170905124322619.jpg

裏面と表面全体を研摩しておきます。
050_2017090512415713d.jpg

051_20170905124158ace.jpg

エンジンフードも全体を研摩しました。
058_2017090512415902f.jpg

フロントフードは裏面に曲がっている箇所がありましたので板金しました。
064_20170905124202293.jpg

065_20170905124203f33.jpg

067_201709051242055df.jpg

表面はブリスターが出ていますので念の為に全体を剥離していきます。
034 (2)

034 (6)

浮いた塗膜を除去して洗浄しました。
034 (8)

前方に何箇所かヘコミがありましたので板金しました。
034 (11) - コピー

034 (12)

034 (13)

034 (18)

全体を研摩していきます。飛び石などでクレーター状に錆びている箇所はサンドブラストで処理しました。
034 (23)

034 (24)

034 (25)

034 (27)

034 (32)

脱脂、清掃、マスキングを行います。
034 (45)

エンジンフード裏はステッカーが貼ってあり、当時の状態を残しておきたいとの事ですのでこちらもマスキングしておきます。
034 (46)

034 (50)

034 (53)

エポキシプライマーを塗布しました。
034 (56)

034 (57)

034 (58)

034 (60)

034 (61)

034 (62)

034 (63)

034 (64)

034 (66)

034 (67)

規定時間乾燥させてサフェーサーを塗布しました。
034 (68)

034 (69)

034 (71)

034 (72)

034 (73)

034 (74)

034 (75)

034 (76)

034 (77)

034 (78)

034 (80)


続きます。
2017年09月05日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。