FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Renault Kangoo

003_20170626161235356.jpg

002_20170626161233e6a.jpg

左側面の事故でお預かりしましたルノー カングーです。
005_20170626161235378.jpg

バックしてきた車がフロントドア付近に接触したそうです。
013_201706261612387f2.jpg

ミラーも反対向きに倒れていたそうでカバーが割れています。
007_20170626161237887.jpg

保険での修理ですので、保険会社が損害として認定してくれる範囲での作業になります。
フロントドアトリムやモール等を分解していきます。
026_20170626161240358.jpg

027_20170627203751e16.jpg

029_20170627203753b84.jpg


032_201706261612450ac.jpg

033_20170626161246dfe.jpg

034_2017062616124747c.jpg

フロントドアの塗装で前後のパネルまでボカシ塗装を行いますので、塗装範囲の付属品を取り外します。
049_20170626161548417.jpg

050_20170626161549254.jpg

051_201706261615507ac.jpg

053_20170626161551a7b.jpg

057_20170626161553413.jpg

059_20170626161554acd.jpg

061_20170626161556431.jpg

063_20170626161558a09.jpg

フロントドアはモールで押されて隠れる箇所も歪んでいました。
038_2017062616124947d.jpg

043_201706261612509b1.jpg

板金を行い新品のドアモールを仮合わせしました。
001_20170626161806140.jpg


006_20170626161809e7e.jpg

モールで隠れる箇所は裏からの押し出しで修正しました。
研摩して脱脂、清掃、マスキングを行います。
008_2017062616181048d.jpg

011_20170626161811fc4.jpg

鋼板の露出している箇所にプライマー(STANDOX エッチングプライマー)を塗布しました。
012_20170626161813283.jpg

013_2017062616181579d.jpg

規定時間乾燥後にサフェーサー(STANDOX システムフィラー)を塗布しました。
014_20170626161816af2.jpg

015_20170626161818e2a.jpg

乾燥している間に測色機で車体の色を読み取り、色を作り確認しました。
014_20170626162409c4f.jpg

サフェーサー箇所と塗装範囲全体を研摩しました。
028_201706261624109a6.jpg

清掃してマスキング、脱脂を行いました。
029_20170626162411a78.jpg

サフェーサーを研摩した際に、元の塗装のクリヤー層を研ぎ破った箇所がありますのでサフェーサーを塗布しました。最初に塗ったシステムフィラーでは研摩せずに上塗りできませんので、このような場合はシーラーとして使用できるノンストッププライマーを使用します。
032_20170626162414dea.jpg

033_20170626162415e49.jpg

カラーベースを前後にボカシてクリヤーコートしました。
034_201706261624172fd.jpg

038_20170626162418071.jpg

040_20170626162420225.jpg

041_2017062616242137f.jpg

045_2017062616242382e.jpg

未塗装で供給される前後のドアモールとミラーカバーはプラスチッククリーナーを使用して研摩してクリップを取り外しておきます。
050_20170626162645465.jpg

053_201706261626475ac.jpg

055_20170626162648375.jpg

056_20170626162649fee.jpg

ドアモールは艶消しですので、古いモールを使用してクリヤーの艶消し具合をテストしました。
057_20170626162651930.jpg

058_2017062616265287c.jpg

060_20170626162654e1a.jpg

2分艶と全艶消しの中間ぐらいで良さそうです。
063_2017062616265523b.jpg

脱脂清掃を行い、プラスチック専用のプライマーを塗りました。
065_201706261626578ad.jpg

066_2017062616265884c.jpg

067_2017062616270043b.jpg

068_2017062616270168b.jpg

069_201706261627034d5.jpg
070_201706261627047d7.jpg

071_20170626162706ec8.jpg

プライマーの乾燥後、カラーベースを塗布してクリヤーを塗りました。
クリスタルクリヤーにスペシャルマットと呼ばれる艶消し剤を混合して使用しました。
072_2017062616305914f.jpg

073_20170626163101ff4.jpg

ミラーカバーは軟質化したクリスタルクリヤーを使用しました。
079_20170626163102f5c.jpg

車体の赤外線乾燥、磨き、組み立てを行いました。
081_201706261631037c1.jpg

取り外す時に割れたクリップは新品を使用しました。
082_20170626163105376.jpg

084.jpg

086_20170626163109bbe.jpg

フロントドアのベルトモール、素地の箇所に傷が付いたミラー本体も新品交換しました。
087_2017062616311152e.jpg

088_20170626163112300.jpg

089_20170626163114936.jpg

乾燥したミラーカバーとモールを取り付けます。
095_20170626163115aa6.jpg

096_20170626163249f35.jpg

098.jpg

099_20170626163251b0c.jpg

100_2017062616325322d.jpg

101.jpg

清掃と洗車を行い完成です。
104.jpg

012 (2)

013 (2)

016 (2)

018 (2)

今回のご依頼誠に有難う御座いました。
026_20170626163447858.jpg

スポンサーサイト
2017年06月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Alfa Romeo 156 GTA ②

飛び石キズの深かった箇所は研摩して、全体を研摩パッドと脱脂剤で清掃しました。
001_20170612182704666.jpg

必要箇所のマスキング、脱脂、清掃を行いました。
002_2017061218270527b.jpg

003_201706121827069fc.jpg

004_20170612182708a71.jpg

005_20170612182709001.jpg

プラスチック素地の露出している箇所にプラスチックプライマーを塗布しました。
006_20170612182711976.jpg

007_201706121827129c9.jpg

規定時間乾燥させてサフェーサーを塗布しました。
プラスチック用に軟質化したシステムフィラーを使用しています。
009_20170612182714120.jpg

011_20170612182715a1c.jpg

012_20170612182717cfc.jpg

013_201706121827182fd.jpg

014_20170612182720f6b.jpg

015_20170612182721546.jpg

016_20170612182723869.jpg

017_20170612182724289.jpg

019_201706121827260e8.jpg

部品の赤外線乾燥を行っている間に塗装したクォーターパネルを磨きました。
021_20170612182727884.jpg

乾燥を終えた順に研摩していきます。
041_2017061218292794c.jpg

研摩する目安になる様にガイドコートを塗りました。
042_2017061218292889a.jpg

どの程度研摩出来ているかを確認しながら進めていきます。
043_20170612182929fc3.jpg

徐々に細かい番手のペーパーに変えていき、最後に洗浄しました。ペーパーの入らない箇所は研磨剤とブラシで研摩してあります。
044_201706121829303d9.jpg

045_20170612182932dc5.jpg

全ての部品を研摩して、必要箇所のマスキング、脱脂清掃を行いました。
048_201706121829331ef.jpg

049_20170612182935f05.jpg

050_2017061218293680d.jpg

051_20170612182938015.jpg

053_20170612182939e34.jpg

055_2017061218294122c.jpg

056_20170612182942e5e.jpg

研摩した際にプラスチック素地が露出した箇所にプラスチックプライマーを塗布しました。
059_20170612183406738.jpg

カラーベース→クリヤーコートしました。クリスタルクリヤーを軟質化して使用しました。
061_20170612183408d39.jpg

062_20170612183409d94.jpg

063_20170612183410960.jpg

065_20170612183411208.jpg

069_201706121834132ee.jpg

070_20170612183415eb1.jpg

071_20170612183416e40.jpg

072_2017061218341781c.jpg

074_20170612183419b9b.jpg

076_201706121834216da.jpg

078_20170612183422b05.jpg

079_20170612183424e4a.jpg

083_20170612183425954.jpg

085_20170612183427326.jpg

087_20170612183428272.jpg

089_20170612183430b1e.jpg

093_20170612183431000.jpg

続きます。
2017年06月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Alfa Romeo 156 GTA

003_2017060608504033e.jpg

柱に接触した擦りキズと飛び石の修理でお預かりしました、アルファロメオ 156 GTAです。
こちらのオーナー様もかなりの遠方からお越し下さいました。
ワンオーナーでかなり綺麗に維持されているお車です。
001_201706060850382f7.jpg

飛び石の箇所はフロントバンパー全体と左右のサイドスポイラーです。
007_20170606085416e6b.jpg

018_20170606085418edf.jpg

019_2017060608542071e.jpg

キズの箇所は右クォーターとリヤバンパーになります。
030_20170606085421ba8.jpg

バンパーを取り外す為にトランクルームのトリムを分解しました。
汚れないようにマスキングして保管しておきます。
045_20170606085423d03.jpg

046_2017060608542458e.jpg

047_201706060854267e7.jpg

048_201706060854274f0.jpg

049_20170606085429a42.jpg

車体からバンパーを取り外します。
055_20170606085430544.jpg

057_20170606085613b29.jpg

056_20170606085637151.jpg

ガーニッシュなどのバンパーの付属品を取り外しました。
001_2017060608580981f.jpg

002_20170606085810483.jpg

カーボンのシールは位置を測って取り外しました。
007_2017060608581265e.jpg

006_20170606085811ec0.jpg

ダクトは裏から弾性接着剤で固定されていますので、取り外して接着剤を除去しました。
008_201706060858142c5.jpg

009_201706060858151d8.jpg

012_20170606085817e77.jpg

014_201706060858187e6.jpg

サイドスポイラーも接着剤で固定されていますので、車体側に傷をつけないように取り外しました。
016_201706060901195e9.jpg

017_20170606090121ba8.jpg

021_2017060609012234d.jpg

022_20170606090123d64.jpg

033_20170606090126b3d.jpg

フロントバンパーも車体から取り外します。
043_20170606090127164.jpg

044_20170606090129f9d.jpg

付属品を取り外しました。
056_20170606090132eec.jpg

058_201706060904487b8.jpg

067_2017060609045066c.jpg

サイドスポイラーの付属品を取り外します。
068_20170606090451470.jpg

073_20170606090452ad2.jpg

075_201706060904543cc.jpg

ダクトの固定の接着剤がはみ出していますが、新車の時からの様です。
076_20170606090455b9a.jpg

077_20170606090457faa.jpg

裏側の接着剤を除去しました。
082_20170606090500b77.jpg

表と裏面を洗浄しました。
089_20170606090634371.jpg

090_201706060906369fb.jpg

091_20170606090637bd5.jpg

093_20170606090638a67.jpg

094_20170606090640d64.jpg

096.jpg

097_201706060906436f2.jpg

左ドアのヘコミはデントリペア屋さんDR-Garage Okano 様でデントリペアしていただきました。
083_20170606090827e3e.jpg

デントリペアできるヘコミは塗装せずに済みますので、新車塗膜も残せて費用の面でもメリットがあります。
099.jpg

クォーターパネルの損傷箇所と周辺を脱脂剤で脱脂して研摩しました。
031_20170606091035574.jpg

032_201706060910362bf.jpg

033_20170606091038c3f.jpg

マスキングして脱脂を行いサフェーサー(システムフィラー)を塗布しました。
034_201706060910391b2.jpg

035_2017060609104130c.jpg

036_20170606091042241.jpg

自然乾燥後、赤外線乾燥を行いました。
037_20170606091044142.jpg

カラーラベルでカラーコードを確認しました。
0001_201706060918193e7.jpg

測色機(アクワイヤー)で車体の前後左右の色を読み取り、配合データを確認します。
赤は色褪せしやすいので車体の左右や前後で、どの程度の色差があるかを確認しておきます。読み取った色はパソコン上でL a bのデルタE値として数値が出てきますので、このようなケースでは非常に便利です。
001_201706060918214e8.jpg

読み取った色に合わせて補正されたデータが出てきますので、原色を配合して色を作ります。
002_20170606091821203.jpg

003_20170606091823e26.jpg

作った色をテストピースに塗り、クリヤーコートして乾燥させました。
色の染まりが悪いので、暗い色と明るい色の2種類の下色で作ったテストピースで車体の各部と比色しました。

009_20170606091826079.jpg

明るい方の下色で近い感じになりました。
005_20170606174019c0c.jpg

009_2017060617402075f.jpg

025_201706060918277ff.jpg

026_201706060918299c0.jpg

クォーター全体を脱脂して研摩しました。
007_20170606160522347.jpg

清掃してマスキングを行います。
008_20170606160523409.jpg

009_201706061605249d1.jpg

ピラーとルーフの境目に溝がありますので溝の手前の壁部分で見切れるようにマスキングしています。
011_20170606160527933.jpg

ガラスモールは浮かす事が出来ましたのでテープを差し込んで浮かせてマスキングしました。
012_20170606160527644.jpg

カラーベースを塗りクリヤー(クリスタルクリヤー)を塗りました。
015_2017060616052928a.jpg

023_201706061605317af.jpg

025_20170606160532e7c.jpg

028_20170606160533831.jpg

赤外線乾燥を行いました。
033_20170606160535d32.jpg

034_20170606160536006.jpg

フロントバンパー裏面に貼ってあるフィルムアンテナは剥がすと破損すると思いますのでダンボールとガムテープで保護しておきます。
009_20170606160645694.jpg

010_201706061606513c3.jpg

フロントバンパーとサイドスポイラーは飛び石があまりにも多いので、旧塗膜を全て剥がして下地からやり直す事になりました。当初は研摩で剥離する予定でしたが、同業者の方なら分かると思いますが樹脂部品の剥離は相当大変です。粗いペーパーを使うとライン等が崩れますし、細かいペーパーではかなりの時間が掛かります。
作業前から気が重かったのですが、ダメもとでWPC処理などで有名なサンドブラスト大手の不二製作所 様に相談したところ加工工場が近所にあり、大変親切に対応していただけました。工場長に部品を見ていただき「バンパー等の樹脂部品の塗装剥離はあまり無いですけど、出来る出来ないで言ったら出来ます」との事でしたので加工をお願いしました。

加工後、戻ってきた状態です。
036_2017060616085542a.jpg

037_20170606160856612.jpg

044_20170606160858193.jpg

045_20170606160911db4.jpg

プレスラインなどの崩れも無く、塗装の下地としては最高の状態になっています。
060_201706061609128a3.jpg

061_20170606160913841.jpg

062_20170606160915510.jpg

063_20170606160916883.jpg

普段の研摩では不可能なぐらい綺麗に剥離されています。
064_20170606160918a65.jpg

バンパー、サイドスポイラー共に素材はポリウレタンで、加工後の粗さは240番程度のペーパーで研摩したぐらいの下地を塗るにはちょうど良い粗さになっています。
046_20170606161126824.jpg

048_20170606161128207.jpg

樹脂部品は剥離剤が使えませんので、剥離する場合は苦労している方が殆どだと思います。
宣伝していただいても良いです、との事ですのでリンクを貼っておきます。
お困りの同業者の方は相談してみて下さい。

不二製作所 様

049_20170606161128670.jpg

052_2017060616113037e.jpg

053_2017060616113109a.jpg

塗膜が厚く、作業して下さった方は大変だったようです。有難う御座いました。
056_20170606161133751.jpg

058_201706061611341e7.jpg

文字も崩れる事無く研摩された状態になっています。
067_201706061611361ed.jpg


続きます。
2017年06月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。