FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

SUZUKI SWIFT

010.jpg
後部の損傷でお預かりしました、スズキ スイフトです。

012_20161120110410018.jpg

011_20161120110410a6e.jpg
斜め後からの入力でクォーターパネルのバンパーとの合わせ目が中に押し込まれています。

024_201611201105246ba.jpg

バンパーは元の形に戻っていますが、隠れていたところも変形しています。
025_20161120110526408.jpg

026_20161120110526b9e.jpg

バンパーと傷のあるテールランプは新品交換でクォーターパネルは板金修理になりました。
付属品を分解していきます。
001_201611201106362e4.jpg

内装部品は汚れないようにマスキングして保管しておきます。
002_20161120110637ae6.jpg

タイヤハウスのカバーやルーフモールを取り外しました。
006_20161120110641589.jpg

005_20161120110639a33.jpg

004_20161120110638c58.jpg

バンパーリテーナーを取り外すと中に押し込まれているのが確認できます。
016_2016112011101942b.jpg

入力と反対方向に引き出しバンパーやテールランプを仮合わせしました。
025_201611201110207ff.jpg

フューエルリッドの上側に事故と関係の無いエクボがありましたので室内側から押し出してヘコミを直しました。
030_20161120111021df1.jpg

033_201611201110234d1.jpg

室内のバンパー合わせ目付近は塗膜が割れている箇所がありましたので研摩しておきます。
046_20161120111217588.jpg

047_20161120111218798.jpg

仮合わせで問題が無さそうなのでバンパー、テールを取り外し、板金箇所と傷のある所を研摩して脱脂、清掃、マスキングしました。
049_20161120111219c98.jpg

050_20161120111220c6b.jpg

鋼板の露出している箇所にはエッチングプライマーを塗布しました。
054_2016112011163304d.jpg

サフェーサーの前に塗る事で、リン酸で金属の表面を荒らして密着性、防錆を高める効果があります。
057_20161120111634ca5.jpg

規定時間乾燥後サフェーサーを塗布しました。
059_20161120111635e82.jpg

060_20161120111636dbd.jpg

室内側も脱脂清掃、マスキングして鋼板素地にプライマーを塗布しました。
063_2016112011163879f.jpg

乾燥後サフェーサー塗布。
064.jpg

赤外線乾燥を行います。
065_20161120111959508.jpg

サフェーサーの乾燥後タイヤハウス内を研摩、脱脂清掃してシーリングの割れていた箇所にシーリングして内板色で塗りました。
066_201611201120005f0.jpg

074_201611201120017ca.jpg

室内もサフェーサーと周辺を研摩して内板色で塗りました。
078.jpg

測色機で車体の色を読み取り近似の配合データを元に調色しました。
0001.jpg

016_2016112011225520c.jpg

塗装範囲全体を研摩しておきます。
014_20161120112400103.jpg

クォーターパネルから繋がっているフロントピラー、ロッカーパネルのパネルの切れ目まで塗装します。途中でクリヤーのボカシも行えますが、いずれはボカシ目が必ず出て来ますのでオーナー様に説明して判断していただきました。
012_20161120112357cc3.jpg

013_20161120112358340.jpg

脱脂、清掃、マスキングを行います。
017_20161120112529d14.jpg

019_2016112011253101e.jpg

018_20161120112531f72.jpg

調色した色を塗りクリヤーコート(STANDOX クリスタルクリヤー使用)しました。
024_201611201125336c6.jpg

026_2016112011253489e.jpg

027_20161120112627f14.jpg

029_20161120112628a00.jpg

赤外線乾燥を行います。
037_201611201126408b4.jpg

磨きを行い、新品のテールランプやバンパー(新品で色付き)、取り外した付属品を組み立てました。
002_2016112011273109e.jpg

003_201611201127320d4.jpg

006_20161120112735711.jpg

005_20161120112734e29.jpg

室内を清掃して洗車を行い完成です。
001_20161120113207a71.jpg

002_20161120113209784.jpg

クリスタルクリヤーはスプレーガン次第で細かい肌からテロテロの肌まで作りやすく塗膜性能も優れているので使用頻度が高いです。

たまに「誰が見ても分からないように完璧に修理して欲しい」と言った内容のお問い合わせをいただく事があるのですが、近づける努力はしますがほぼ不可能です、とお答えしています。面倒だから断りたい訳では無く、大げさですが自分が思う完璧な修理が生涯で1台でも出来たら思い残す事は無い、と言うぐらい難しいと考えていますので、バッチリ出来ますとか最高の仕上がりです、とはどうしても言えないのです。
005_201611201132094bf.jpg

今回のご依頼誠に有難う御座いました。
012_2016112011321162b.jpg
スポンサーサイト
2016年11月20日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

ACCORD Euro-R

1 (4)
フロントバンパーとリヤバンパーの修理でお預かりしましたアコード ユーロRです。

1 (1)

リヤバンパーはテールランプの下が割れているのと、その他にもキズや割れがあります。
1 (11)

1 (10)

アンダースポイラー(無限製)は欠損している箇所もあります。
1 (13)

全て新品にするとかなりの金額になりオーナー様と相談した結果修理する事になりました。

リヤバンパーを車体から取り外します。
1 (6)

バンパーとスポイラーは、ボルトと両面テープで付いていますので分解しました。
1 (14)

スポイラーの当たりゴムは劣化していますので在庫していたゴムに交換します。
1 (17)

両面テープを除去して裏、表共に洗浄しました。
1 (18)

1 (19)

バンパーの割れている箇所は角部分で力が掛かりますので後で割れない様に補強して修理していきます。
1 (20)

裏面から加熱してステンレスネットを埋め込みました。
1 (25)

研摩、脱脂、清掃を行い材質がPPの為、付着性が良くなる様にプライマーを塗布しました。
1 (28)

3Mの専用のウレタン接着剤とガラスクロスを使用して接着しました。
1 (30)

しばらく乾燥させておきます。
1 (32)

アンダースポイラーの欠損している箇所。
1 (36)

スポイラーの材質はABSでしたのでABSの板を切り出し、塩化メチレンを使用して断面を溶かして接着しました。
008.jpg

1 (34)

裏面はバンパーと同様にガラスクロスとウレタン接着剤で補強しました。
1 (38)

接着剤が硬化したら表面の損傷箇所を研摩、脱脂清掃を行いプライマーを塗布しておきます。
001.jpg

002.jpg

003.jpg

005.jpg

006.jpg

007.jpg

011_20161101095123368.jpg

裏面とは違うエポキシ系パテを塗布しました。
012.jpg

014_20161101095126f35.jpg

019.jpg

022_20161101095257e66.jpg

赤外線乾燥の間フロントバンパーを作業していきます。
車体から取り外します。
023.jpg

車体を購入した時から装着されていた無限のバンパーとの事ですが、今回はユーロR純正バンパーに交換になりました。
こちらもバンパーとスポイラーなどを新品で揃えると、それなりの金額になりますのでリサイクルパーツを使用しました。
希少らしく全然部品が見つからずオーナー様がオークションで見つけたバンパーを購入しました。
024.jpg

025_20161101095301775.jpg

梱包を解きひっくり返したら、あまりのキズの多さに倒れそうになりました(笑)
027_20161101095303245.jpg

028_201611010954088ff.jpg

029_20161101095410643.jpg

031_20161101095411290.jpg

こちらの大きな変形は写真で見て把握していました。
032_20161101095412457.jpg

033_20161101095414822.jpg

グリルとグリルモールは中古が無く新品です。
036.jpg

車体に仮組みして確認しました。
039.jpg

バンパーとスポイラーを分解します。
043.jpg

こちらも両面テープを取り除いておきます。
046.jpg

047.jpg

表、裏面を洗浄しました。
049.jpg

050.jpg

変形している箇所を加熱して修正します。
053.jpg

054.jpg

056.jpg

060.jpg

066.jpg

全体を研摩しながら細かい変形を更に修正しました。
フロント周りはパテを使わずサフェーサーの膜厚で整えられる範囲内に出来ました。
069.jpg

071.jpg

リヤのパテの箇所も乾燥が終わり研摩しました。
001_2016110110035148a.jpg

以前にスポイラーが付いたまま塗装されていて段差がありますのでこちらも研摩してなだらかにしておきます。
002_20161101100352b24.jpg

003_201611011003531cf.jpg

脱脂、清掃、マスキングを行います。
004.jpg

005_20161101100356542.jpg

006_201611011004426bc.jpg

007_20161101100443e10.jpg

008_20161101100445ab2.jpg

プラスチック素地の露出している箇所には付着性を向上させる為にプライマーを塗布しました。
012_201611011004466ad.jpg

プライマーの乾燥後サフェーサー(STANDOXシステムフィラー)を軟質化させたプラスチック仕様にして塗布しました。
013.jpg

014_2016110110053453d.jpg

015_201611011005364f7.jpg

016.jpg

017.jpg

自然乾燥後、赤外線乾燥を行いました。
020.jpg

乾燥の間に調色を行います。測色機を使用して車体の色を読み取り、配合データを基に色を作りました。
060_2016110111204191c.jpg

テストピースに塗装して車体と比色、微調色を行いました。
038.jpg

040.jpg

乾燥したサフェーサーを研摩していきます。
035.jpg

ガイドコートを塗ってそれを目安に研摩します。
036_20161101111619423.jpg

粗いペーパーでサフェーサーの肌を落として徐々に細かいペーパーに変えて全体を研摩しました。
037.jpg

粉塵の清掃、脱脂、静電気除去を行います。
055.jpg

056_20161101112243083.jpg

角部分などペーパーの当たりやすい箇所は素地が露出しています。
057.jpg

プラスチック用サフェーサー(STANDOX)を塗布します。プライマーレスで素地に付着する製品です。
059.jpg

061_20161101112247531.jpg

サフェーサーを規定時間乾燥後に調色した色を塗りました。
クリヤーはSTANDOX クリスタルクリヤーをプラスチック用に軟質化して使用しました。
063.jpg

065.jpg

068.jpg

070.jpg

072.jpg

074.jpg

赤外線乾燥を行い、磨き、組み立てていきます。
028_201611011128182ca.jpg

当たりゴムはパールホワイトの新品を在庫していましたので使用しました。
033_20161101112820055.jpg

両面テープの貼り付け箇所は脱脂、清掃、プライマーを塗ってから貼っています。
035_20161101112821329.jpg

車体に取り付けます。
037_201611011128220c4.jpg

割れていた箇所です。
038_20161101112824bf9.jpg

009.jpg

040_201611011129402bc.jpg

フロントバンパーもフォグランプ等の付属品を組み立てて取り付けました。
043_201611011129415f8.jpg

047_20161101112942659.jpg

005_20161101113116c4b.jpg

室内を清掃して洗車を行い完成です。
035_201611011132472e5.jpg

036_2016110111324878b.jpg

039_20161101113249638.jpg

041.jpg

038_20161101113405d88.jpg

042.jpg

今回はご依頼いただきまして誠に有難う御座いました。

034.jpg
2016年11月01日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。