FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

スカイライン GT-R 25年目のリフレッシュ

DSC_0056.jpg

全体のリフレッシュでお預かりしましたスカイラインR32 GT-R です。
新車から25年間ワンオーナーのお車で錆や塗装の劣化があり、普通の全塗装よりも金額が掛かってしまいますが、一生手放すつもりは無いので、とご決断いただきました。単なる一台の車では無く一緒に思い出を作って来た家族の様な存在なのかな、と感じました。大掛かりな内容ですがいつも通り自分の出来る範囲で作業していきます。

プラスチック部品はかなり痛んでいます。
DSC_0059_20160128122927ea2.jpg

モールやゴム関係も痛んでいるものが多いです。
DSC_0062.jpg

クォーターパネルは錆て穴が開いています。
DSC_0069_201601281230219d2.jpg

DSC_0074_20160128123024162.jpg

左クォーターパネルは取り替えてありとにかく状態が悪いです。
DSC_0078_201601281230267de.jpg

DSC_0082_20160128123250b8e.jpg

DSC_0084_201601281232519cb.jpg

室内側は溶接してそのままになっていて錆ています。
DSC_0096_201601281232523cf.jpg

DSC_0097.jpg

DSC_0132_20160128123536c69.jpg

その他お決まりのジャッキアップポイントの潰れ等あります。
DSC_0164_20160128123537333.jpg

左側のサイドシルから作業していきます。
DSC_0129_20160128123534b01.jpg

スポット溶接を外しサイドシルを取り外します。
DSC_0166_20160128123539e01.jpg

サイドシルインナーも潰れフロアが上に持ち上がっています。
アウターとインナーの2枚のみで簡単に変形しますので、緊急時以外にココでジャッキアップするのは危険です。R32だけでは無く、昔は潰れている車を良く見ました。
DSC_0168_20160128123750760.jpg

DSC_0169_201601281237522ef.jpg

変形を直して錆の酷い箇所は切り接ぎしました。
DSC_0239_20160128123753cc9.jpg

合わせ目の錆を削ってスポットシーラーと言う通電性のある塗料を塗っておきます。
DSC_0234_201601281240273b1.jpg

オーナー様は、サイドシルの強化をする為にR34 GTRの補強を入れて欲しいとの事でしたが、部品は既に生産中止でした。色々なGT-Rの専門店様を参考にしていましたらオリジナルの補強部品を作って販売しているのを見つけました。
かなり考えてある見るからに強化出来そうな部品です。
DSC_0214_2016012812412484e.jpg

亜鉛メッキの状態ですので研磨してエポキシを入れて内板色を塗りました。
DSC_0221_201601281243450e4.jpg

DSC_0225_2016012812434673c.jpg

車体に仮止めして新品のサイドシルも合わせておきます。
DSC_0241_201601281243476ee.jpg

DSC_0248_201601281246048c9.jpg

位置が決まったら溶接していきます。
今回リフレッシュのお話をいただいたのは去年のゴールデンウィーク頃で、一旦はお断りしました。と言うのも半自動溶接機しかありませんでしたのでここまでの作業はしたく無かったからです。部分的には半自動溶接を使ってもやはりメインはスポット溶接で、と言う思いがありました。作業している方ならご理解いただけると思いますが溶接温度の違いでどうしてもMIG溶接では重なった合わせ目の防錆が不利になります。半自動溶接だけでもしっかり防錆して考えて作業される方もいらっしゃると思いますし、これを否定する訳ではありません。自分も過去に散々やっていました。

これをオーナー様に伝えた所、それでも・・半自動でも良いからお願いしますと仰って下さいました。今時の溶接強度の出せるスポット溶接機になると金額も相当なものですので、どうしようか散々悩みました。丁度良く試作品メーカーからほぼ新品の売り物が出て来ましたので悩んだ結果、自家用車が溶接機に変わりました(笑)
たまにしか使わないので恐らく一生、元は取れないと思いますがGT-Rが喜んでくれれば。

DSC_0242_2016012812460038d.jpg

現行機種では無いですがかなりのハイスペックです。
そのせいか工場の電源まで容量アップする事になりました(笑)
DSC_0245_20160128124602bc3.jpg

溶接しました。丸い跡がスポット溶接の打痕です。昔の鋼板が真っ赤になるスポット溶接機とは違い溶接していて気持ち良いです。
DSC_0252_2016012812460684f.jpg

作業が進みましたら更新します。
続く。


スポンサーサイト
2016年01月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。



本年も更なる技術の向上を目指していきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

2016年01月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。