FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ありがとうございました。

今年もお客様、関係者の方々には大変お世話になりました。
ブログに掲載していない修理から一部掲載します。


BMW 
DSC_0438_2015123114231255c.jpg

DSC_0474_201512311423137d0.jpg

DSC_0477_20151231142314c9b.jpg

DSC_0517_2015123114231585d.jpg

DSC_0524.jpg


ランドローバー
DSC_0242_201512311441097b5.jpg

DSC_0244_20151231144110883.jpg

DSC_0250_201512311441112fc.jpg

DSC_0256_20151231144113260.jpg

DSC_0261_20151231144114863.jpg


ハイエース
DSC_0030_20151231144609d24.jpg

DSC_0040_20151231144611ffc.jpg

DSC_0039_20151231144611438.jpg

DSC_0043_2015123114461324e.jpg


プリウス
DSC_0357_20151231145026c96.jpg

DSC_0367_201512311450283a0.jpg

DSC_0374_20151231145028552.jpg

DSC_0386_20151231145030627.jpg

DSC_0389_20151231145032572.jpg

DSC_0410.jpg


カローラ
DSC_0172_20151231145843aa2.jpg

DSC_0173_20151231145844ad3.jpg

DSC_0176_201512311458450b4.jpg

DSC_0202_20151231145847dc9.jpg

DSC_0216_20151231145848bf4.jpg


ベントレー
DSC_1314.jpg

DSC_1316.jpg

DSC_1323.jpg


フォルクスワーゲン シロッコ
DSC_0005_2015123115085013d.jpg

DSC_0035_20151231150852510.jpg

DSC_0040_20151231150853c48.jpg

DSC_0041_20151231150854567.jpg

DSC_0072_20151231150855d0b.jpg

DSC_0082_20151231151015269.jpg


フォルクスワーゲン トゥーラン
DSC_0170_20151231151504520.jpg

DSC_0171_20151231151506215.jpg

DSC_0177_20151231151507d0f.jpg

DSC_0190_20151231151404e9d.jpg

DSC_0193_2015123115140616b.jpg

DSC_0199_201512311514070d2.jpg

DSC_0200_201512311514089e7.jpg


ハイエース
DSC_0232_20151231151834a21.jpg

DSC_0233_2015123115183670b.jpg

DSC_0246_20151231151837e61.jpg

DSC_0247_201512311518386ab.jpg

DSC_0258_20151231152144479.jpg

DSC_0262_20151231152146f59.jpg

DSC_0271_20151231152146203.jpg

DSC_0279_20151231152148a69.jpg

DSC_0280_20151231152149d75.jpg


マークX
DSC_0070_20151231153002fb4.jpg

DSC_0093.jpg

DSC_0073.jpg

DSC_0100_20151231154007bfe.jpg

DSC_0103_20151231154009969.jpg

DSC_0126_20151231154010e81.jpg

DSC_0128_20151231154011130.jpg

これ以外にも沢山の大切な愛車を任せていただきました。
来年も万が一の際には思い出していただければと思います。

愛車とオーナー様、良いお年をお過ごしください。
今年も本当に有難う御座いました。

スポンサーサイト
2015年12月31日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

BMW ALPINA B3

DSC_0144_20151204185459b26.jpg

DSC_0145_201512041855006a6.jpg

リアバンパーの修理でお預かりしました、非常に綺麗に維持されているBMW アルピナ B3 です。

DSC_0141_20151204185458844.jpg

フェンスの様な物にバンパーが接触して傷と歪みがあります。

DSC_0147_201512041855011f5.jpg

モールにも傷が入っています。

DSC_0148_20151204185503cfe.jpg

DSC_0150_2015120418563171a.jpg

オーナー様は交換をご希望されましたのでバンパーとモールを新品に交換します。
車体からバンパーを取り外します。

DSC_0152_2015120418563277e.jpg

DSC_0155_20151204185633853.jpg

ALPINAはマフラー開口部が大きく加工してあるので元のバンパーと新品バンパーを比べて型を取ります。

DSC_0161_2015120418563477a.jpg

DSC_0162_20151204185636a33.jpg

DSC_0164_20151204185812654.jpg

大きく削っていきます。

DSC_0172_2015120418581418f.jpg

ALPINA純正は塗装後に切りっぱなしですが削った断面は整えておきました。

DSC_0170_2015120418581375b.jpg

DSC_0174_20151204185815864.jpg

元のバンパーからリーンフォースメントを取り外して新品バンパーに移植後、車体への仮合わせを行います。

DSC_0175_20151204185817747.jpg

DSC_0177_20151204212007d9a.jpg

DSC_0176_20151204190001bc7.jpg

DSC_0178_2015120419000328c.jpg

加工した箇所も問題無さそうです。

DSC_0180_20151204190004d72.jpg

バンパーを車体から取り外しリーンフォースメントも取り外して塗装の下準備を行います。
保護剤や手の脂が研摩したキズに入るのを防ぐ為に最初に脱脂をしてから全体を研摩していきます。

DSC_0184_201512041900275d7.jpg

モールの入る溝の中や細かい箇所はヘラに巻いたサンドペーパー等を使い手作業で研摩していきます。塗料は接着剤では無いので研摩したキズの中に塗料が入らなければ密着性は確保出来ません。地味で根気が要りますが基本の作業です。

DSC_0186_201512041900294d9.jpg

続いて調色を行います。
スペクトロフォトメーター(分光測色機)で車体の色を測色して近い色の配合を検索します。アルピナブルーのヨーロッパの配合が近かったので原色をデータ通り配合してテストピースに塗装、クリヤー塗装、乾燥を行い車体と比色して確認します。

DSC_0193.jpg

どのメーカーでも新車から色ブレはあり車の状態によっても色は違いますのでテストピースの結果から微調色を繰り返し9回目で塗装出来る色が出来ました。

DSC_0204_201512041904142b9.jpg

DSC_0211_201512041904158a3.jpg

ブルー系のパールは光の反射を正面で見た時と後から光を受けた時(スカシ)の赤紫味のバランスが難しく調色に時間が掛かるケースが多いです。

DSC_0213_20151204190416daa.jpg

DSC_0215_20151204190417c41.jpg

DSC_0216.jpg

測色機のおかげか原色の選定はスムーズに行きました。

DSC_0217_20151204190950176.jpg

バンパーの粉塵を清掃して脱脂、イオンブローを行い静電気を除去しておきます。

DSC_0224_20151204190951267.jpg

研摩した際に角部分などプラスチック素地が露出した箇所があります。

DSC_0228_20151204190954ef6.jpg

DSC_0230_20151204191117023.jpg

ポリプロピレンは特に付着性が悪く研摩して上塗りだけでは剥がれる可能性がありますので、素地の露出箇所には柔軟性、付着性のあるSTANDOX プラスチックサフェーサーを塗装します。

DSC_0227_201512041909538dc.jpg

DSC_0236_20151204191119545.jpg

DSC_0234_20151204191119594.jpg

乾燥後、調色したカラーベースを塗装します。
スタンドックスはカラーベースの肌荒れが起こり難く(酷いとクリヤーの肌荒れに繋がります)しっとりとした状態で非常に塗り易い塗料です。

DSC_0239_20151204191121b44.jpg

DSC_0241_20151204191122a84.jpg

カラーベースの溶剤が抜けたらクリヤーを塗装します。
スタンドックスのクリスタルクリヤーで素材がプラスチックの為、軟化剤を使用して軟質化したクリヤーを塗装しました。

DSC_0238_20151204191213715.jpg

DSC_0242_20151204191215e44.jpg

DSC_0245.jpg

DSC_0247_201512041912181bf.jpg

DSC_0248_20151204191219577.jpg

バンパーを赤外線乾燥させている間に長年の汚れが溜まったリーンフォースメントを洗浄しておきました。

DSC_0250_20151204191409000.jpg

DSC_0258_201512041914112ec.jpg

DSC_0257_20151204191411b52.jpg

乾燥が終わったバンパーを車体に取り付けます。

DSC_0260_20151204191413c15.jpg

DSC_0262_20151204191415d40.jpg

DSC_0269_20151204191536bf9.jpg

磨いた際にコンパウンドが付着しない様マスキングして磨きを行います。

DSC_0270_20151204191537dc5.jpg

ガラスコーティングされているのでバンパーと新品のモールにガラスコーティングを行います。

DSC_0271_201512041915394f6.jpg

DSC_0273_20151204191539259.jpg

ガラスコートの乾燥後に犠牲膜となる簡易のガラス系コーティングをバンパー、モール、テープを貼ったリアフェンダー左右に施工しました。

DSC_0275_2015120419154199f.jpg

DSC_0277_201512041917032af.jpg

室内清掃と洗車を行い完成です。

DSC_0278_20151204191704bd0.jpg

DSC_0280_20151204191705236.jpg

DSC_0281_20151204191707e12.jpg

DSC_0282_20151204191708efc.jpg

DSC_0288_20151204191851782.jpg

この度は大切なお車の作業をご依頼いただきまして有難う御座いました。

DSC_0286_2015120419185082f.jpg
2015年12月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。