FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

PORSCHE Cayman GTS

DSC_0001_20150910192137f7b.jpg

DSC_0002_20150910192138c97.jpg

ポルシェ ケイマン GTS です。
新車のナラシ中にフロントバンパー下側のスポイラー(艶消し黒)の箇所に飛び石による傷が付き、修理するならボディー同色に塗装しようとの事でお預かりしました。

フロントバンパーを分解していきます。

DSC_0005.jpg

ヘッドライトや樹脂パーツは汚れないようにマスキングしておきます。

DSC_0006_201509101921402e6.jpg

DSC_0007_2015091019580465f.jpg

取り外したフロントバンパーからスポイラー部分を取り外します。

DSC_0009.jpg

スポイラーは3分割になっています。

DSC_0010.jpg

飛び石の傷から修理していきます。艶消しの箇所はプラスチック素地では無く塗装でした。
傷が消えるまで研摩していきます。

DSC_0011.jpg

脱脂、清掃を行いプラスチック素地(グレーの箇所)の露出している部分にプラスチックプライマーを塗布します。

DSC_0013.jpg

材質はPP(ポリプロピレン)で特に塗料の付着性が悪いので万が一プライマーを忘れてしまうと、どれだけ粗いペーパーで研摩してあっても簡単に剥離してしまいます。

DSC_0015_20150910192702690.jpg

プライマーの乾燥後、プラスチック用の柔軟性のあるウレタンサフェーサーを塗布します。

DSC_0017_20150910192703bc5.jpg

赤外線乾燥を行います。

DSC_0018_20150910192704660.jpg

配合データに従い色を作りテストピースへ塗装を行い調色していきます。

DSC_0021.jpg

DSC_0026_20150910192707a0b.jpg

4回目で塗装出来る色になりました。

DSC_0030_20150910193308b9e.jpg

サフェーサー箇所と全体を研摩して脱脂、清掃を行います。

DSC_0031_20150910193309ffc.jpg

DSC_0033_201509101933104f3.jpg

DSC_0034_20150910193312d73.jpg

DSC_0037_201509101933135fd.jpg

調色した色を塗布して溶剤が抜けたらクリヤーを塗布します。クリヤーもプラスチック用の柔軟性のあるものを使用しています。

DSC_0040_20150910193428ffd.jpg

DSC_0043.jpg

DSC_0046_2015091019343035d.jpg

DSC_0048.jpg

60℃到達後40分以上の赤外線乾燥を行います。プラスチック用材料(サフェーサーやクリヤー)は乾燥させるのに通常の倍ぐらい時間が掛かります。

DSC_0049.jpg

乾燥後バンパーに取り付けて車体へ取り付けます。

DSC_0058_20150910193725bb0.jpg

今回は塗装でのホコリの付着は無かったので組み立て時に手で触れたバンパー等を簡単に磨き、ガラスコーティングが施工してありますので、塗装した箇所もガラスコートを施工しました。

DSC_0063.jpg

ガラスコートの乾燥後表面で犠牲膜になる簡易のコーティングをバンパーと一緒に施工しました。

DSC_0070_20150910193728dcb.jpg

最後に清掃と洗車を行い完成です。ボディー同色になり雰囲気が変わりました。

DSC_0066_201509101937270b0.jpg

DSC_0152_20150910193845fe2.jpg

DSC_0146_20150910193730fa6.jpg

今回は大切なお車をお任せいただきまして有難う御座いました。

DSC_0150_20150910193843342.jpg





スポンサーサイト
2015年09月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。