FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

Porsche 911 964

ポルシェ911 964 カレラ2のオールペイントの続きです。

フロントフードのウェザーストリップは純正で接着剤で固定されていますので剥がすと切れて再使用が難しくなります。外して接着剤を取り除いておきます。

DSC_0665_20150727093057e49.jpg

DSC_0668_20150727093058a99.jpg

DSC_0670_2015072709305923b.jpg

DSC_0672_20150727093100849.jpg

ガラスの取り外しは自分でも似たような事は出来るのですが、接着剤の使い分けやノウハウが全く違いますので信頼できる業者様にお願いしています。

DSC_0723.jpg

DSC_0724.jpg

モールの下のシールは劣化していましたので取り除きます。

DSC_0738_20150727093254229.jpg

取り除くと塗装の段差がしっかり付いています。

DSC_0741_20150727093407a24.jpg

車体からドアを取り外します。

DSC_0752_20150727093647c42.jpg

DSC_0756_201507270936492ae.jpg

DSC_0762.jpg

サフェーサーを塗布した箇所と周辺を研摩しました。

DSC_0782.jpg

DSC_0785_201507270939155bc.jpg

脱脂、清掃、マスキングを行います。

DSC_0787_20150727093916598.jpg

DSC_0789.jpg

鋼板が露出している箇所はエポキシプライマーを塗布します。

DSC_0791_20150727093919e0d.jpg

DSC_0792_20150727094040012.jpg

ウレタンサフェーサーを塗布しました。

DSC_0794_2015072709404227b.jpg

DSC_0795_201507270940431ae.jpg

DSC_0796_2015072709404471c.jpg

DSC_0797.jpg

赤外線乾燥を行いサフェーサー箇所と全体を研摩していきます。
塗装の段差等の不具合箇所を研摩してサフェーサーを塗布していますので当然微妙な歪みがあります。適当に研摩しただけでは上塗り後に歪みが残っている事になりますので最初は硬い当て板と荒い番手のペーパーを使用して歪みを取り除きながら徐々に細かい番手(上塗り後にペーパー目が出ない程度の)に変えての研摩で歪みを確認しながらの作業になります。1パネル研ぐだけでも相当時間が掛かっています。

DSC_0828.jpg

元々の純正色での全塗装になりますのでカラーコードを確認して配合データ通りに色を作成します。カラーコードはZ8(ブラックメタリック、パール)です。

DSC_0844.jpg

DSC_0860_20150727112232676.jpg

車体の粉塵などを清掃して脱脂、マスキングを行います。

DSC_0845.jpg

DSC_0846.jpg

DSC_0847.jpg

部品を取り外した細かい穴などもゴミが噴出したり、塗料が中に入らないように塞いでいます。

DSC_0849_2015072711241727e.jpg

マスキングが終わりしっかりと脱脂清掃して塗装していきます。
ベースコート(配合した色)を数回塗布してある程度溶剤が抜けたらクリヤーを塗布して完了です。

DSC_0863_20150727112522c6f.jpg

DSC_0865.jpg

DSC_0867_201507271125246bb.jpg

DSC_0870.jpg

DSC_0872.jpg


まだまだ続きます。
スポンサーサイト
2015年07月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911 964

DSC_0342_20150727132508b47.jpg

オールペイントでお預かりしました、ポルシェ911 964 カレラ2 です。

オーナー様いわく普段はあまり乗らずにガレージでの観賞用のお車らしく、仕事で疲れた時に眺めて癒されるそうですが、もう少し綺麗にしたいとの事で当初はDR-Garage Okanoさんでコーティングを行う予定でした。しかし塗装の状態がかなり悪く、磨きとコーティングだけでは綺麗にすることは難しい状態なので、お話を伺った結果全塗装をする事になりました。

DSC_0343_20150727132509c39.jpg

DSC_0352_2015072713251022b.jpg

1パネルづつダメージを見たところ、以前の所有者の時にほぼ全て(屋根以外)のパネルが補修されていました。しっかりした補修塗膜なら問題ないのですが、あまり良い塗装とは言えない状態でした。
例えばフロントバンパーに付くウォッシャーノズルやゴムモールは取り外さずに塗装されていますので淵が剥がれてきています。

DSC_0345.jpg

安く修理したのか作業者が手を抜いたのかは分かりませんが次に修理する時には剥がれた箇所を処理しなければいけませんので余計に費用が掛かってしまいます。

DSC_0346_20150727084808abc.jpg

順番に分解していきます。

DSC_0356_2015072708494875f.jpg

DSC_0358_20150727084949fa1.jpg

フロントバンパー下側のアンダーカバーは擦って割れているので新品に交換になります。

DSC_0362_20150727084950da8.jpg

DSC_0385_20150727085218d8d.jpg

ヘッドライトも取り付けたままマスキングで塗装されていますので際の部分から塗装が剥がれてきています。ライトはネジ1本で外れるのですが・・・。

DSC_0376_201507270852164cd.jpg

DSC_0378_201507270852176e9.jpg

DSC_0393_20150727085535b35.jpg

リアフード、スライディングルーフの取り外し。

DSC_0422_20150727090155e86.jpg

DSC_0435_20150727090156ee1.jpg

DSC_0436_20150727090157f83.jpg

サイドシルカバーも取り付けたままの塗装で段差になっています。塗装した時には目立たなかったかもしれませんが年数が経ちゴムが痩せてきた時に段差が見えてきます。

DSC_0464_20150727090351a12.jpg

ある程度分解してダメージをチェックします。白く囲ってある箇所と殆どのモールの際が不具合箇所です。

DSC_0472_20150727090518350.jpg

DSC_0473_20150727090520550.jpg


DSC_0474_20150727090520b77.jpg

DSC_0476_20150727090522d14.jpg

DSC_0477_201507270905239c6.jpg

DSC_0478_20150727090546bd4.jpg

サイドシルカバーで隠れているところが凹んでいましたので板金します。

DSC_0486.jpg

DSC_0489_201507270907036e8.jpg

サフェーサーを塗るまでに時間が空きますので一時的な防錆としてエポキシプライマーを刷毛塗りしておきます。

DSC_0490.jpg

ドアミラーを外したところもしっかり段差が付いています。
拡大するとドアの塗装も様子がおかしいのが見えるかと思います。

DSC_0492_2015072709084324d.jpg

台座のゴムにも塗料が付いていましたが何とか除去出来ました。

DSC_0496.jpg

リアフェンダーはブリスターと呼ばれる塗膜間の異物(水、油、汗、錆など)による膨れが出ています。

DSC_0504_20150727091052620.jpg

削っていきます。
ブリスターが出ていたのは緑色のラッカーパテの層からでした。

DSC_0505.jpg

更に削っていくとパテが出てきました。通常は問題のある層まで研摩して汚染物質を除去すれば良いのですがパテの範囲から判断して大きなヘコミではないと思いますので更に研摩してみます。

DSC_0506_2015072709105441f.jpg

2色目のパテが出てきました。

DSC_0507.jpg

更に削ってパテを取り除いたところ凹みを板金せずにパテ盛りしてありました。

DSC_0508_20150727091057d18.jpg

板金し直し、パテを使用しないで板金できました。

DSC_0510.jpg

反対のリアフェンダーも同様の箇所があり板金し直しました。

DSC_0517_201507270918192fb.jpg

DSC_0519_201507270918208e2.jpg

塗装の段差は剥がれなくなるところまでなだらかに研摩しておきます。

DSC_0514_201507270918178db.jpg

エクボは全体に7箇所ほどありましたがパネルの裏から押し出して研摩して修正しました。

全体を研摩して脱脂、清掃、マスキングを行います。

DSC_0529.jpg

DSC_0533_20150727092212b4b.jpg

DSC_0534_20150727092213a86.jpg

板金した箇所など鋼板が露出している箇所はエポキシプライマーを塗布します。

DSC_0530_2015072709221132d.jpg

DSC_0535_20150727092214f85.jpg

全体にウレタンサフェーサーを塗布しました。

DSC_0540_201507270923374f7.jpg

DSC_0541_2015072709235350a.jpg


長くなりますので次回に続きます。
2015年07月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。