FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

VW Golf Variant

DSC_0556_20150606100300352.jpg

停車中に自転車に衝突されてしまったゴルフ ヴァリアントです。
保険を使用しての修理でお預かりしました。

DSC_0557.jpg

ドアのヘコミは上下2箇所あります。

DSC_0559.jpg

DSC_0562_20150606100304654.jpg

DSC_0568_20150606100306645.jpg

モールやガーニッシュは傷が入っているので交換になります。

DSC_0567.jpg

リアフェンダーは大きなヘコミが1箇所あります。

DSC_0578.jpg

DSC_0579_201506061005071f5.jpg

交換か板金かを考えると保険修理ですので費用は関係無いですが、交換した場合に痕跡が残る事やリアフェンダーは溶接で取り付けてある為、切断して交換すると修復暦アリに近い状態になります。どちらも板金で修理できますので新車に近いという事もあり車にやさしい方法を選択しました。


DSC_0581_20150606100508e11.jpg

バンパー等の付属品を分解していきます。

DSC_0582_201506061005091eb.jpg

DSC_0583_20150606100617298.jpg

ドアの付属品も分解します。

DSC_0584_20150606100618153.jpg

DSC_0585.jpg

ドアトリムは汚れないようにして保管しておきます。

DSC_0586_20150606100621acc.jpg


DSC_0588_2015060610083241d.jpg

プレスラインが変形している損傷は難易度が上がります。

DSC_0589.jpg

DSC_0591_20150606100835e0a.jpg

損傷を広げないように慎重に板金していきます。


DSC_0593_20150606100836831.jpg

DSC_0594_20150606100838b65.jpg

DSC_0595_20150606115838a7f.jpg

DSC_0597_201506061025596ed.jpg

DSC_0599_20150606102600a15.jpg

3箇所ともパテを使用せずに板金出来ました。

DSC_0600_20150606102602cbc.jpg

脱脂、清掃、車体に塗装ミストが付かない様にマスキングを行います。

DSC_0602_20150606102603b00.jpg

DSC_0603_20150606102815f2f.jpg

鋼板が露出している箇所は防錆、シール性に優れたエポキシプライマーを塗布します。

DSC_0604_201506061028177cc.jpg

DSC_0605_20150606102818108.jpg

乾燥後ウレタンサフェーサーを塗布しました。


DSC_0610_2015060610281985d.jpg

赤外線乾燥を行います。

DSC_0613_201506061030128b3.jpg

DSC_0611_20150606102821810.jpg

新車の状態でも色にバラつきがありますので調色して車体に近づけていきます。
黒パールですが赤かったり青かったり、明るかったり暗かったりとバラバラです。

DSC_0614_201506061030144f0.jpg

色見本からデータを出してテストピースの作成→微調色を繰り返して車体の色に近づけました。


DSC_0619_201506061030166ea.jpg

DSC_0616_20150606103014c6b.jpg

塗装するのに邪魔になってしまうリアフェンダーのガラスとフロントサイドガラスも取り外し、サフェーサー箇所と塗装範囲全体を研摩しておきます。

DSC_0625_2015060610364511e.jpg

脱脂、清掃マスキングを行います。

DSC_0626_201506061036462b6.jpg

リアフェンダー上部でクリヤーをボカシて塗装すると経年劣化でクリヤーのボカシ目が必ず出てきてしまうのでフロントピラーの前の切れ目まで塗装します。

DSC_0627_20150606103647726.jpg

DSC_0631_20150606103649595.jpg


DSC_0645.jpg

赤外線乾燥後、太陽光も利用して乾燥させます。外気温30度で塗膜表面の温度は65.5度です。

DSC_0647_20150606124429d2f.jpg

コンパウンドが飛散するのでマスキングして磨きを行います。

DSC_0649_201506061040236ae.jpg

ガラスコーティングが施工してありますので塗装したパネルは再施工します。


DSC_0656.jpg

DSC_0657_20150606105229d98.jpg

クリップや傷の入っていたモール、ガーニッシュは新品に交換です。モールとガーニッシュにもガラスコーティングして取り付けました。
全ての部品を組み立て、室内清掃、洗車をして完成です。

DSC_0706.jpg

DSC_0708.jpg

DSC_0700_20150606105233ea8.jpg
右側が塗装したパネルです。

DSC_0709.jpg

DSC_0640_20150606104019e02.jpg

光の角度によっては赤茶色く見えます。左側が塗装したリアフェンダーです。

DSC_0692_201506061101151a6.jpg

今回のご依頼誠に有難うございました。













スポンサーサイト
2015年06月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。