FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ロードスター M2 1001

ロードスターの限定車M2 1001です。

いつもお世話になっているデントリペア&コーティングのDR-Garage Okano さんのご友人でフロントスポイラーの割れ、劣化の修理でお預かりしました。

DSC_0218.jpg

スポイラー下部を擦ってスポイラー両サイドが持ち上がり割れています。

DSC_0222_20150406135734170.jpg

DSC_0226_201504061357391f5.jpg

全体にクラックが入っています。

DSC_0223_20150406135735e25.jpg

DSC_0224_20150406135736750.jpg

DSC_0225_20150406135737810.jpg

FRP製のスポイラーで全体にダメージがあり交換した方が安く済みますが、300台の限定車で部品も手に入りませんので修理する事になりました。
スポイラーを取り外しフォグランプ等をスポイラーから取り外します。

DSC_0228.jpg

DSC_0233.jpg

下側の擦って割れた箇所です。

DSC_0308_201504061402387c7.jpg

DSC_0310_20150406140240712.jpg

裏側を見てみると過去に修理されていますが、修理箇所が剥がれています。

DSC_0315.jpg

他の箇所も・・

DSC_0325_20150406140456539.jpg

密着している様に見えて全く密着していません。
研摩した痕跡がありませんので・・・・。

DSC_0344_2015040614045887f.jpg


DSC_0318.jpg

今回の損傷とは関係ない箇所が多いですが、あまりにも車が可哀相なのでしっかりと修理していきます。
割れている箇所の裏面をしっかりと研摩しキズを付けて(密着させる為)脱脂清掃を行います。

DSC_0346_20150406140645f70.jpg

DSC_0348_20150406140647014.jpg

ポリエステル樹脂に浸漬したガラス繊維を貼り余分な樹脂や空気を抜いていきます。

DSC_0352_20150406140648239.jpg

DSC_0360_20150406141034ba5.jpg

DSC_0357_201504061410360b4.jpg

樹脂が硬化したら表面から割れが無くなる深さまで研摩します。

DSC_0371_20150406141038d0f.jpg

表から傷を埋めてあったパテもあまり密着していないので研摩して取り除きます。

DSC_0372_201504061412377a1.jpg

DSC_0366.jpg

脱脂清掃して裏面と同じようにガラス繊維を貼っていきます。
裏だけ繊維を貼って表はパテ埋め、ではすぐに割れてしまいますので、裏と表で挟んでいます。

DSC_0373.jpg

DSC_0374_201504061412409c2.jpg

クラックの入っている箇所は

DSC_0381_201504061412414a3.jpg

DSC_0382.jpg

研摩していきます。

DSC_0385_20150406141436214.jpg

白いゲルコートの層まで削ってもクラックは消えませんので、消える深さまで研摩します。

DSC_0386.jpg

全てのクラックを研磨して脱脂清掃を行い、ガラス繊維を貼って硬化させます。

DSC_0388_20150406141438f42.jpg

DSC_0394_201504061414400cd.jpg

硬化したら研摩して元の形状に近づけていきます。パテと違いかなり硬く時間が掛かりました。

DSC_0403.jpg

飛び石等もあり全体を研磨しました。

DSC_0402_2015040614154509b.jpg

全体にラインが崩れていますのでパテで整えなければいけませんが、面積が広いのでスプレーパテを使用します。
STANDOXのスプレーフィラーと口径の大きなスプレーガンです。

DSC_0404.jpg

DSC_0406.jpg

赤外線乾燥させて部分的に通常のパテ(ピンク色の箇所)も使用してラインを整えました。

DSC_0407.jpg

DSC_0409.jpg

ある程度整えて脱脂清掃を行いウレタンサフェーサーを塗布します。

DSC_0412.jpg

赤外線乾燥を行い車体に取り付けて確認します。

DSC_0001.jpg

割れてなくなっていた箇所です。

DSC_0002.jpg

DSC_0006.jpg

何箇所かラインに違和感がありましたので全体を修正しながら研摩して再度ウレタンサフェーサーを塗布しました。

DSC_0014.jpg

DSC_0015_20150406142326715.jpg

乾燥の間に調色を行います。

DSC_0023_2015040614232757e.jpg

メーカーのデータで作った色をテストピースに塗布して確認、微調整を繰り返し行い色を近づけていきます。

DSC_0025_20150406142328ed9.jpg

9回目で何とか近づきました。

DSC_0028_20150406142330a8b.jpg

サフェーサー全体を研摩して脱脂清掃を行います。

DSC_0029_2015040614252075d.jpg

DSC_0033.jpg

DSC_0034_2015040614252354f.jpg

調色した色で塗装します。
ここまでかなりの日数が掛かっていますが、塗装している時間は下地作業の時間に比べて一瞬で終わります。
クリヤーを塗装して塗装完了です。

DSC_0035_20150406142847dbb.jpg

DSC_0038_201504061428491fd.jpg

ゴミの付着も少なく塗れました。

DSC_0046_20150406142851235.jpg

DSC_0040.jpg

DSC_0047.jpg

乾燥後、磨き、組み立てを行います。

DSC_0055.jpg

DSC_0068_20150406143343356.jpg

室内清掃と洗車を行い完成です。
フェンダーのキズは今回はタッチアップしていずれ修理される、との事なのでタッチペン用に余った塗料をお渡ししました。

DSC_0169_20150406143809559.jpg

DSC_0173.jpg

クラックも無くなりスッキリしました。

DSC_0172_201504061438100e2.jpg

DSC_0175.jpg

DSC_0181_20150406143850375.jpg

普通のロードスターとは違う証です。

DSC_0176_20150406143814181.jpg

車が喜んでいるように見えました。
DSC_0185.jpg

今回はご依頼いただきまして有難うございました。
スポンサーサイト
2015年04月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。