FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

MINI CLUBMAN

DSC_0208_201408250821168d2.jpg

いつものキズ、ヘコミの修理では無く外装、内装を綺麗にしたいとの事でお預かりしました、ミニ クラブマンです。全体を磨いてコーティング出来れば良いのですが、お預かりできる日数と予算が限られていますので洗車、掃除を行って綺麗にしていきます。

DSC_0205.jpg

DSC_0207_201408250821167ee.jpg

細かくダメージを見ていきます。
劣化して白くなった樹脂パーツ。

DSC_0210_20140825082118af4.jpg

DSC_0211_20140825082120ac5.jpg

鉄粉が固着したホイール。

DSC_0209_20140825082903d2f.jpg

洗車だけでは取れないガラスの油膜やボディー全体の雨染み(デポジット、スケール)

DSC_0214_20140825082904e67.jpg

エンブレム周りの黒ずみ、スケール。

DSC_0217.jpg

DSC_0219.jpg

マフラーの出口は汚れが焼きついています。

DSC_0223.jpg

モール際の黒ずみ。

DSC_0226.jpg

DSC_0230.jpg

DSC_0231.jpg

内装

DSC_0250.jpg

女性のオーナー様でファンデーションや日焼け止めが付着して白くなり拭いただけでは取れなくなっていました。

DSC_0253.jpg

外装から順番に作業していきます。
鉄粉の固着していたホイールはケミカルを使用してなるべく強く擦らずに済むよう(キズ防止の為)洗浄しました。

DSC_0271.jpg

1本で30分以上掛かってしまいましたが綺麗になりました。

DSC_0270.jpg

ボディーは1パネルずつ汚れに合わせたケミカルを使用してデポジットやスケールを除去しました。
エンブレム廻りはスッキリしました。

DSC_0255.jpg

DSC_0257.jpg

汚れが焼きついていたマフラー出口

DSC_0258.jpg

モール際の黒ずみもスッキリ取れました。

DSC_0259.jpg

DSC_0261.jpg

室内はケミカルとブラシでトリムのシボ模様に入ったファンデーション等も綺麗になりました。

DSC_0277_20140825083639171.jpg

細かい箇所のホコリや汚れを落としてスッキリしました。

DSC_0276_2014082508363855e.jpg

DSC_0275_20140825083637f2b.jpg

エンジンルームも簡易的にですが清掃しました。

DSC_0279.jpg

ガラスは油膜を落としてフッ素コーティング

DSC_0296_20140825083952fb4.jpg

ボディー全体に簡易のトップコートを施工しました。

DSC_0292_20140825083951dac.jpg

DSC_0299_20140825084058e2b.jpg

いつもはオーナー様の不幸が伴う事故修理で元の状態に近づける為に、毎回かなりのプレッシャーで作業していますし、例えば通常の2倍の手間(時間)を掛けても仕上がりが2倍になる事はあり得ません。しかし今回のような作業では手間を掛けた分だけ確実に綺麗になっていくので楽しく作業できました。

DSC_0282_20140825083950654.jpg

DSC_0298_201408250840563e4.jpg

お渡し時には大変喜ばれて「これからは汚さないように乗る」と仰っていました(笑)普通に使用していれば汚れていってしまうのは仕方ないと思いますので、また気になった時にはご相談下さい。ご依頼誠にありがとうございました。

スポンサーサイト
2014年08月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。