FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

VW SCIROCCO

DSC_0022_201407291852075c8.jpg

ドアミラーとフェンダーの傷の修理でお預かりしました、フォルクスワーゲン シロッコです。

DSC_0020_2014072918521466d.jpg

左ドアミラーの擦り傷です。

DSC_0023.jpg

右フロントフェンダーの飛び石の様な傷です。

DSC_0026_201407291853525ca.jpg

米粒ほどの小さな傷ですが、きちんと直そうとすればバンパーやヘッドライトを脱着して、傷の周辺に色をぼかしてクリヤーはフロントフェンダー1枚の塗装になりますので高額になってしまいます。オーナー様の自費での修理ですので応急処置になりますが塗装しない方法での修理を行います。

DSC_0027_201407291853533f4.jpg

ドアミラー本体から傷ついたミラーガーニッシュを取り外します。

DSC_0030_20140729185354fbf.jpg

DSC_0032_20140729185356dce.jpg

傷の箇所と周辺を研磨して傷を除去します。

DSC_0034.jpg

DSC_0037_20140729185553910.jpg

脱脂清掃、マスキング。

DSC_0039.jpg

プラスチックプライマーを塗布します。

DSC_0042.jpg

DSC_0044.jpg

ウレタンサフェーサーを塗布します。

DSC_0046.jpg

乾燥待ちの間に調色を行います。

DSC_0051.jpg

DSC_0050.jpg

サフェーサー箇所と全体を研磨して脱脂を行います。溶剤のシリコンオフで脱脂後、水溶性シリコンオフで脱脂、清掃を行い塗装しました。

DSC_0060.jpg

DSC_0058.jpg

DSC_0064.jpg

DSC_0065.jpg

フロントフェンダーは傷の箇所と周辺を研磨、脱脂清掃を行い最初に白をタッチアップして乾燥させます。

DSC_0053.jpg

乾燥後クリヤーをタッチアップして乾燥させます。

DSC_0066_20140729190125d10.jpg

乾燥後余分な塗料を研磨して磨きます。

DSC_0067_20140729190127ec0.jpg

簡易的な修理ですが取り敢えずは錆の心配も無くなり目立たなく出来ました。

DSC_0074.jpg

ミラーの組み立てを行い完成です。

DSC_0077.jpg

DSC_0078.jpg

DSC_0081.jpg

DSC_0084.jpg

DSC_0086.jpg

今回のご依頼誠に有難う御座いました。

DSC_0083.jpg
スポンサーサイト
2014年07月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

フェアレディZ Z33

DSC_1976.jpg

左リヤフェンダー、サイドステップの修理でお預かりしました、フェアレディZです。
保険を使用せず自費での修理ですので金額を抑えた修理になります。
DSC_1979.jpg

DSC_1984.jpg

DSC_1978.jpg

上側のプレスラインの所まで歪んでいます。

DSC_1986.jpg

サイドステップを取り外して板金していきます。

DSC_1996.jpg

金額は抑えていますが板金の方法はいつもと同じで、なるべくパテが少なくなるように元の形状に戻しています。今回はパテを使用せずに板金する事が出来ました。
上側のプレスラインの折れもほぼ直りサフェーサーの塗布だけで済みました。

DSC_2020.jpg

DSC_2025.jpg

マスキング、脱脂、清掃を行います。

DSC_2043.jpg

鋼板が露出している箇所にエポキシプライマーを塗布しました。

DSC_2045.jpg

DSC_2050.jpg

乾燥後、ウレタンサフェーサーを塗布しました。

DSC_2052.jpg

自然乾燥後、赤外線乾燥を行います。

DSC_2086.jpg

サイドステップを修理していきます。

DSC_2060.jpg

表から見えない箇所まで樹脂が割れて白くなっていますので研磨していきます。

DSC_2061.jpg

脱脂清掃を行い全体にFRPを貼っていきます。

DSC_2063.jpg

FRPの硬化後、表面を研磨していきます。裏から貼ったFRPに到達するまで研磨して割れている箇所を取り除きます。

DSC_2067.jpg

脱脂清掃を行い今度は表にFRPを貼りました。

DSC_2076.jpg

乾燥後余分な箇所を研磨しパテを使用して細かい箇所を成形しました。

DSC_2081.jpg

DSC_2090.jpg

脱脂清掃を行いウレタンサフェーサーを塗布しました。

DSC_2091.jpg

サフェーサー箇所とリヤフェンダー全体を研磨します。
本来はドアにも色をぼかさなければ違和感が出てしまいますが修理費用を抑える為にリヤフェンダー内で色をぼかしてクリヤーは1枚塗装します。テールランプはサービスで脱着しました。

DSC_2093.jpg

DSC_2094.jpg

DSC_2096.jpg

調色を行いテストピースで色の確認を行います。

DSC_2099.jpg

リヤゲートを閉めて塗装してしまうと開けた時に塗装の切れ目が丸見えになりますのでリヤゲートを開けてピラーの目立たない所まで塗装する事にしました。

DSC_2103.jpg

DSC_2104.jpg

車体全体をマスキングします。

DSC_2105.jpg

脱脂清掃を行い塗装しました。

DSC_2109.jpg

DSC_2111.jpg

DSC_2115.jpg

赤外線乾燥を行います。

DSC_2117.jpg

磨き、組み立て、洗車を行い完成です。

DSC_2122.jpg

DSC_2125.jpg

今回のご依頼誠にありがとうございました。




2014年07月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。