FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

デリカ D5

インターネットからご依頼いただきましたデリカD5の板金修理です。
新車で購入されたばかりで長く乗りたいので、という事でお預かりしました。
車両保険を使用しての修理です。
DSC_0975.jpg
左スライドドアとリヤフェンダーの損傷です。
DSC_0980.jpg

DSC_0976.jpg

DSC_0977.jpg
リヤフェンダーの角は潰れてしまっています。
DSC_0978.jpg
板金で修理可能な場合は交換するよりも車への負担は少ないですので、今回は板金の選択をしました。

保険会社様の立会い(損害確認)まで時間が空きましたので最初にボディーカラーの調色を行いました。
色番号から見本を取り出して基本になるデータを選びます。
DSC_0966.jpg

DSC_0968.jpg
今回は見本が2種類しかありませんが、新車の状態でも色のズレは無数にあります。
データ通りに色を配合しても塗装できる色になっているのは、まずありませんので基本の配合から色を足したり引いたりしながら調整していきます。
調整した色をテストピースに塗装⇒クリヤー塗装⇒乾燥の工程を繰り返しながら確認していきます。
DSC_0969.jpg
調色が終わった状態です。一番左に張ってあるのが基本となる配合です。とても塗装できる状態ではありません。
真ん中に貼ってあるのが調色が終わった色です。一番右は何も張っていません。
DSC_1005.jpg

損害確認が終わりましたので修理を開始していきます。
塗装する際にしっかりと塗装できるようにバンパーやモール等パネルの付属品を分解します。
DSC_0982.jpg

DSC_0983.jpg

DSC_0984.jpg

DSC_0987.jpg

凹みの裏側に手が入りませんのでワッシャーを溶接して凹みを引き出していきます。
パテを使用しなくて済む程度まで復元できました。
DSC_1014.jpg

DSC_1018.jpg

DSC_1019.jpg

DSC_1021.jpg
リヤフェンダー角の潰れている箇所はハンダ盛りで修理しました。
DSC_1017.jpg
脱脂剤にて清掃後、塗装ブースへ移動してマスキングを行います。
DSC_1023.jpg
最初に防錆、付着性に優れたエポキシプライマーを塗布します。鋼板が露出した箇所はウレタンサフェーサーだけでは不安が残りますので、殆どの場合でエポキシプライマー又はウォッシュプライマーを塗布しています。
DSC_1024.jpg

DSC_1028.jpg

DSC_1027.jpg
塗料メーカーのマニュアルに従い規定時間乾燥後ウレタンサフェーサーを塗布します。パテを使う場合はエポキシプライマーの強制乾燥⇒パテ塗布の流れになります。
DSC_1030.jpg
サフェーサーを強制乾燥⇒サフェーサー研磨⇒パネル全体を研磨⇒清掃を行い塗装ブースでマスキングします。
DSC_1031.jpg

DSC_1032.jpg

DSC_1034.jpg
調色した色をパネル内でボカシ塗装して最後にパネル全体をクリヤーコートします。
DSC_1056.jpg

DSC_1057.jpg
塗装を赤外線乾燥させて付着した細かいホコリ等を磨きガラスコートが施工されていましたので塗装したパネルにガラスコートを再施工します。
DSC_1067.jpg
ガラスコート塗布後赤外線で硬化を促進させます。
DSC_1068.jpg
分解した付属品を組み立て。
DSC_1079.jpg
お客様から反対側の側面にも擦り傷があるとお聞きしていましたので、こちらはサービスで磨いておきました。
DSC_1129.jpg

DSC_1097.jpg

DSC_1131.jpg
殆どが薄いキズでしたのでガラスコートを削り落とさず目立たなくすることが出来ました。
DSC_1133.jpg

DSC_1134.jpg

DSC_1137.jpg
最後に室内の清掃と洗車を行います。

今回の塗装した箇所の塗装肌です。完全な一致は難しいですが、ある程度近い状態で塗装できたと思います。
右側が塗装したドア、左側が新車の塗装です。
DSC_1106.jpg

DSC_1112.jpg

DSC_1115.jpg

DSC_1140.jpg
右上のスライドレールカバーは元の塗装です。
DSC_1144.jpg

明るい時間帯にお客様に修理箇所を確認して頂き納車です。
DSC_1150.jpg

DSC_1151.jpg

DSC_1152.jpg

DSC_1156.jpg
納車の際お客様より差し入れです。気を使っていただきありがとうございます。
美味しく頂きました。
DSC_1160.jpg

DSC_1155.jpg

ご自身で愛車のサスペンションを交換されたり、スキューバダイビング、スノーボードとアクティブなお客様ですが特に雪道ではお気を付け下さい。
今回のご依頼誠に有難う御座いました。




スポンサーサイト
2013年09月23日 | Comments(2) | Trackback(0) | 国産車 修理

アウディー TT

ドアの凹み修理でお預かりしましたアウディーTTです。
DSC_0909.jpg

いつもお世話になっているデントリペア屋さんからのご入庫です。
DSC_0910.jpg

左ドア下プレスラインの上下に損傷があります。
DSC_0912.jpg

DSC_0916.jpg

DSC_0918.jpg

ドアの付属品を取り外してヘコミを板金していきます。
DSC_0913.jpg

DSC_0914.jpg

DSC_0915.jpg

板金が完了しました。
DSC_0922.jpg

DSC_0921.jpg

DSC_0923.jpg

DSC_0925.jpg

脱脂、マスキングしてエポキシプライマーを塗布します。
DSC_0927.jpg

DSC_0928.jpg

指触乾燥後ウレタンサフェーサー塗布。ボディーカラーに近い白色のサフェーサーです。
DSC_0931.jpg

赤外線乾燥
DSC_0935.jpg

乾燥後、サフェーサー箇所とドアを研磨していきます。ドアは過去に3度ほど塗装されている為に新車塗膜と合わせて4回分の塗装の厚さがありました。一度に塗布できるサフェーサーの膜厚では旧塗膜と鋼板の高さに差がありすぎる為に再度ウレタンサフェーサーを塗布して赤外線乾燥を行います。
DSC_0933.jpg


DSC_0936.jpg

サフェーサー箇所を研磨後マスキング。
DSC_0938.jpg

DSC_0940.jpg

DSC_0939.jpg

DSC_0941.jpg

塗装
DSC_0942.jpg

DSC_0943.jpg

DSC_0944.jpg

赤外線乾燥。
DSC_0945.jpg

磨き、組み立て、室内清掃、洗車して完成です。

DSC_0950.jpg

DSC_0953.jpg

DSC_0955.jpg

DSC_0956.jpg

ご依頼誠に有難うございました。
2013年09月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。