FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ポルシェ 996 カレラ4

飛び石被害の修理でお預かりしたポルシェ996カレラ4です。
リピーターのお客様で今回も修理のご依頼をいただきました。

DSC_0622_20130616142714.jpg

DSC_0623_20130616142717.jpg

フロントバンパーを中心にボンネット、フロントフェンダー左右を修理していきます。
DSC_0625_20130616142725.jpg

DSC_0624_20130616142723.jpg

塗装する範囲の付属品を取り外していきます。
DSC_0627_20130616142809.jpg

DSC_0632.jpg

DSC_0633_20130616142839.jpg

DSC_0637_20130616142848.jpg

各部品、トランクルームは作業中の粉塵等で汚れてしまわないよう養生して作業しています。
DSC_0636.jpg

バンパーの飛び石は特に酷く下側にも傷があります。
DSC_0628_20130616142811.jpg

DSC_0630.jpg

DSC_0631.jpg

飛び石の箇所を傷が消えるまで研磨していきます。
新車塗膜は一般的に下塗り(電着プライマー)、中塗り(車種により省略)、上塗り(カラーベース、クリヤー)
で塗装されていますので、傷の深さによって上塗り部分で消える傷や鋼板まで到達している傷があります。
DSC_0649.jpg

DSC_0650.jpg

DSC_0651_20130616143011.jpg

鋼板に達している箇所はサンドブラストで処理しました。
DSC_0643.jpg

DSC_0644_20130616170953.jpg

研磨粉など清掃して、塗装ブース内でマスキング、脱脂します。
DSC_0653.jpg

鋼板の露出した箇所にウォッシュプライマー塗布。
缶に色々な言語が書かれていますが怪しい製品ではありません(笑)
Sikkensと言うオランダのメーカーです。
DSC_0652.jpg

黄色い箇所がプライマーを塗布した箇所です。
DSC_0657.jpg

規定時間乾燥後プライマーサフェーサーを塗布。自然乾燥→赤外線乾燥を行います。
DSC_0660.jpg

DSC_0661.jpg

バンパーも同様に傷が消えるまで削り落とし脱脂、清掃を行います。
DSC_0662.jpg

DSC_0663.jpg

DSC_0664.jpg

プラスチックパーツですので素地が露出した箇所にプラスチックプライマーを塗布。
DSC_0666.jpg

乾燥後、ウレタンサフェーサーを軟化剤入りのプラスチック仕様にして塗布。
特にバンパーは塗膜に柔軟性を持たせて飛び石や振動による塗膜のクラック、剥離を防いでいます。
DSC_0669.jpg

DSC_0671.jpg

バンパーもボディー同様に自然乾燥、赤外線乾燥を行います。

乾燥している間に調色します。
最初にデータ通りに配合して塗り板に塗装、乾燥後確認して車に合わせて微調整→塗り板に塗装→クリヤー塗装→乾燥→確認を希望の色になるまで繰り返していきます。テープで囲った真ん中に塗り板が貼ってあります。
DSC_0686.jpg

今回は10回くらいの調整でした。下地と同じで時間の掛かる工程です。
DSC_0691.jpg

サフェーサー部分と旧塗膜の塗装範囲を研磨します。
DSC_0673.jpg

DSC_0674.jpg

マスキング、脱脂、清掃を行い塗装します。
DSC_0689.jpg

DSC_0690.jpg

DSC_0694.jpg

DSC_0692.jpg

DSC_0695.jpg

フロントバンパーも研磨、脱脂、清掃して塗装します。
DSC_0696.jpg

DSC_0697.jpg

カラーベースを塗装してクリヤーを塗装する前の段階です。
この段階で塗装肌を荒らしてしまうと仕上がりに大きく影響してしまいます。
DSC_0701.jpg

クリヤーもサフェーサーと同じ様に柔軟性のあるプラスチック仕様で塗装しました。
DSC_0703.jpg

DSC_0704.jpg

赤外線乾燥後、磨き、組み立て、清掃、洗車を行い完成です。
image_20130617204335.jpg


DSC_0676_20130616152530.jpg

DSC_0677.jpg

DSC_0678.jpg

DSC_0679.jpg

DSC_0522.jpg

今回のご依頼誠にありがとうございました。


スポンサーサイト
2013年06月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

BMW 118i

BMW 118i 左側面の修理です。

DSC_0605_20130609183746.jpg

DSC_0604.jpg

DSC_0606.jpg

ドアは全体に歪みがあるので交換、リヤフェンダーは板金で修理していきます。

DSC_0608_20130609183750.jpg

DSC_0613_20130609183932.jpg

損傷したドアや塗装する周辺の付属品を分解していきます。

DSC_0611_20130609183752.jpg

DSC_0614_20130609183933.jpg

DSC_0616_20130609183935.jpg

DSC_0619_20130609183937.jpg

新品のドアを取り付けてドアを基準にリヤフェンダーを板金していきます。

DSC_0622_20130609183938.jpg

DSC_0625.jpg

ドアを正常な位置でロックすると1センチくらい中に押し込まれています。

DSC_0628.jpg

DSC_0627.jpg

この部分は袋になっているので、以前ブログでBMWの記事に載せたワッシャーを溶着して引き出して板金しました。

DSC_0600_20130609184453.jpg

DSC_0602_20130609184455.jpg

プレスラインも元の形状近くまで復元出来たと思います。

DSC_0614_20130609184500.jpg

DSC_0606_20130609184457.jpg

パテを使わずに済みそうなので脱脂、清掃後マスキングします。
少し離れた所に事故と関係の無いヘコミがありましたのでサービスで板金しておきました。

鋼板の露出している箇所にエポキシプライマーを塗布します。

DSC_0620_20130609184553.jpg

DSC_0621.jpg

指触乾燥後ウレタンサフェーサーを塗布します。

DSC_0625_20130609184557.jpg

常温乾燥後に赤外線乾燥を行います。

DSC_0597.jpg

ドアを車体から取り外して研磨、脱脂、清掃します。

DSC_0637_20130609184822.jpg

DSC_0640.jpg

角やプレスラインの鋼板露出箇所にエポキシプライマーを塗布。

DSC_0638_20130609184824.jpg

DSC_0644.jpg

DSC_0646.jpg

指触乾燥後ウレタンサフェーサーを塗布します。

DSC_0647.jpg

DSC_0648.jpg

この工程を省いて研磨後にそのままボディー色を塗装してしまう工場が多いと思いますが、新品部品に塗装されている電着プライマーには耐候性がありませんし上塗り塗料に防錆する特性はありませんので、納車後しばらくして艶引け、錆、剥離の可能性があります。

ボディーと同様に自然乾燥後、赤外線乾燥を行います。

DSC_0651.jpg

新品のサイドステップとドアを研磨後、脱脂、清掃します。

DSC_0604_20130609185446.jpg

DSC_0605_20130609185448.jpg

サイドステップを研磨してプラスチック素地が露出した箇所にデュポンのプラスチックプライマーを塗布します。

DSC_0603_20130609185444.jpg

DSC_0606_20130609185450.jpg

DSC_0602_20130609185820.jpg

乾燥後、ボディーカラーを塗装していきます。

DSC_0613_20130609185824.jpg

サイドステップには柔軟性のある硬化剤を使ってクリヤー塗装。

DSC_0617_20130609185825.jpg

ドアは通常のクリヤーで塗装。

DSC_0621_20130609185827.jpg

DSC_0622_20130609185916.jpg

ボディーのサフェーサーと塗装範囲の研磨後、脱脂、清掃、マスキングを行い塗装しました。

DSC_0597_20130609190143.jpg

DSC_0598_20130609190145.jpg

DSC_0601_20130609190149.jpg

DSC_0602_20130609190151.jpg

DSC_0603_20130609190352.jpg

DSC_0605_20130609190353.jpg

塗装した全ての箇所を赤外線乾燥させます。

DSC_0607_20130609190355.jpg

DSC_0616_20130609190357.jpg

磨き、組み立てを行います。

DSC_0625_20130609190506.jpg

DSC_0606_20130609190736.jpg

お客様が普段の洗車で掃除出来ないフェンダーライナーや隠れてしまう部品を清掃しながらの組み立てです。

DSC_0618_20130609190359.jpg

DSC_0619_20130609190458.jpg

DSC_0620_20130609190501.jpg

DSC_0622_20130609190504.jpg

点検、洗車、室内清掃して完成です。

DSC_0675.jpg

DSC_0676.jpg

DSC_0680.jpg

こちらのBMWは以前にも当社で修理させていただきました。
遠方にもかかわらず、ご依頼ありがとうございました。
2013年06月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。