FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

仕事仲間


塗料の乾燥等に使用する赤外線乾燥機、キュアマスターの中古を譲って頂きました。

DSC_0449.jpg

新品は高価な乾燥機ですが、積もったパテ粉や塗料のミストでかなりくたびれています。

DSC_0450.jpg

DSC_0451.jpg

DSC_0452.jpg

せっかくの仕事仲間が汚れていて可哀相なので綺麗にしていきます。

拭いただけでは綺麗にならないので・・分解。

DSC_0454.jpg

研磨して塗装ブースへ

DSC_0456.jpg

DSC_0457.jpg

余っていたシルバーと白を混ぜて塗装しました。

DSC_0461.jpg

DSC_0460.jpg

DSC_0458.jpg

DSC_0459.jpg

洗えるものは洗って組み立てました。

DSC_0434_20130330182240.jpg

DSC_0433_20130330182239.jpg

最後にガラスコーティングして完成です。

DSC_0432_20130330182237.jpg

DSC_0426_20130330182236.jpg

綺麗に蘇りました。

完成して気が付きましたが、壊れてもメーカーでは修理対象外ですね(笑)

スポンサーサイト
2013年03月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 作業工程

充実した3日間でした。

急ぎの仕事が一段落してやっと落ち着きました。

先週は調色の研修でした。
やはり塗料メーカーさんは凄かったです(当たり前ですが)。

講師の方は原色の開発などを行っていた方で技術はもちろん、なぜそうなるのか?という理由が明確で非常に勉強になりました。

DSC_0425_20130328191000.jpg

自営業なので難しいですが時間を作って定期的に受講しようと思います。
2013年03月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

講習へ。

珍しく昼間にブログを書いています。更なる品質向上を目指して、明日から3日間塗料メーカーさんの研修センターに調色の技術講習を受講しに行ってきます。本日18日夕方より21日木曜日まで休業いたします。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

2013年03月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ファンカーゴ

リアフェンダー損傷のファンカーゴです。
板金するためにリアゲートは取り外しています。

DSC_0422.jpg

この程度の損傷でもディーラーさんではリアフェンダーを交換してしまい修理代が高額になってしまう場合があります。
凹みは小さいですが丁寧に板金していきます。

DSC_0424.jpg

DSC_0425.jpg

板金終了しました。
脱脂剤で艶を出して歪みを確認します。

DSC_0431.jpg

DSC_0426.jpg

DSC_0427.jpg

DSC_0429.jpg

パテを塗らずに済みそうですので、マスキングして脱脂、清掃します。
エポキシプライマーを塗布します。
優れたプライマーや塗料でも誤った使い方をしてしまうと逆に塗膜不良になりますのでメーカー指定の塗装条件を守りながら作業しています。

DSC_0432.jpg

DSC_0434.jpg

指触乾燥後サフェーサーを塗布します。

DSC_0435.jpg

DSC_0436.jpg

赤外線乾燥後、研磨、マスキング、脱脂して塗装しました。

DSC_0437.jpg

塗装後、赤外線乾燥、磨き、組み立てを行いました。

DSC_0440.jpg

洗車、掃除して完成です。

DSC_0443.jpg

DSC_0444.jpg

DSC_0445.jpg

DSC_0446.jpg

ありがとうございました。
2013年03月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

ポルシェ 987 ボクスター

此の所非常に忙しくて、風邪、花粉症も重なりブログを放置していました。
見に来て下さっている方、申し訳ありません。

ポルシェ 987 ボクスターです。
DSC_0324_20130314211325.jpg

DSC_0325_20130314211328.jpg

イタズラによる被害でフロントフード(ボンネット)が歪んでバンパーにも僅かに凹みがあります。

DSC_0327_20130314211330.jpg

DSC_0330_20130314211333.jpg

板金出来そうな凹みですが、保険修理で予算があるので新品に交換する事になりました。
フードを取り外します。アルミ製で軽いです。

DSC_0331.jpg

届いた新品パネルです。

DSC_0335_20130314211423.jpg

DSC_0337_20130314211427.jpg

車体に取り付けて隙間や高さを調整しておきます。
ドイツ車なので部品の作りは良いですが国産車に比べると造りの粗い部分はあります。
これがイタリア車だと個体差はあると思いますが相当造りが粗く簡単にはフィッティング出来ません。
サラリーマン時代にフェラーリF430のリアフェンダーを本国から取り寄せたところ、長さが3センチ短くてメーカーに確認したらそれで正常という事でした(笑)パテ等で延長して苦労した覚えがあります。

DSC_0339_20130314211428.jpg

それほど苦労せず取り付け出来ました。

続いてバンパーを取り外していきます。

DSC_0343.jpg


DSC_0340_20130314211600.jpg

付属品のダクトやライトウォッシャーも分解しておきます。

DSC_0344_20130314211606.jpg


バンパーは軽微な歪みなので修理ですが全体に無数の飛び石と下側を擦った傷があります。

DSC_0347_20130314211608.jpg

DSC_0349_20130314211609.jpg

DSC_0350_20130314211650.jpg

DSC_0351_20130314211652.jpg

DSC_0352_20130314211654.jpg

歪みを修正して傷を削り落とします。

DSC_0369.jpg

DSC_0370_20130314212118.jpg

DSC_0371_20130314212120.jpg

脱脂清掃してプラスチックプライマー塗布、プラスチック仕様のサフェーサーを塗布しました。

DSC_0375_20130314212146.jpg

DSC_0376_20130314212148.jpg

DSC_0377_20130314212150.jpg

DSC_0378.jpg

DSC_0379.jpg

乾燥させている間にフードを進めていきます。
新品パネルは電着プライマーが塗られた状態なので表、裏を研磨します。
プライマーの状態は余り良いものでは無くピンホールや肌荒れを修正しながら研磨していきます。

DSC_0353_20130314211656.jpg

DSC_0354_20130314211658.jpg

脱脂清掃して修正した時にアルミが露出した箇所にエポキシプライマーを塗布します。

DSC_0355_20130314211934.jpg

DSC_0356_20130314211936.jpg

DSC_0359_20130314211938.jpg

DSC_0361_20130314211942.jpg

DSC_0360_20130314211941.jpg

指触乾燥後サフェーサーを塗布します。
DSC_0364_20130314212009.jpg

DSC_0365_20130314212012.jpg

指触乾燥後、裏面に外装色を塗装していきます。
元のフードを参考に中央部分は半艶、周りは通常の2種類のクリヤーで塗装しています。

DSC_0367.jpg

DSC_0368.jpg

調色も済ませておきます。
少しずつ調整した色をテストピースに塗装してクリヤーも塗装して車体に合わせてを繰り返して色を近づけます。
棚に置いてある板がテストピースです。

DSC_0394.jpg

乾燥後フードとバンパーに塗布したサフェーサーを研磨して脱脂清掃します。

調色した色とクリヤーを塗装しました。

DSC_0385.jpg

DSC_0393.jpg

DSC_0391.jpg

DSC_0389.jpg

乾燥後、車体に取り付け磨いて清掃します。
フードの取り付けボルトは工具によるキズが付きますので、取り付け前に塗装を剥離して研磨しておきます。
取り付け後マスキングして脱脂したらエポキシプライマーを塗布します。
指触乾燥後サフェーサー、カラーベース、クリヤーを塗布しました。
筆でタッチアップすれば数秒で終わる作業ですが、しっかり作業するには時間が掛ります。

DSC_0339 (2)

DSC_0340 (2)

DSC_0342 (2)

DSC_0344 (2)

DSC_0346 (2)

DSC_0355 (2)

ランプ関係の点灯確認をして洗車をして完成です。
難しい色でしたが塗料メーカーさんの協力もあり許容範囲内に仕上がっていると思います。

DSC_0358 (2)

DSC_0359 (2)

スカシ方向から見た赤味です。

DSC_0364 (2)

DSC_0362 (2)

DSC_0361 (2)

御依頼有難うございました。
2013年03月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。