FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

仕事仲間

今年から活躍中の新しい仕事仲間です。

DSC_0791.jpg

ベースコート用の新しいスプレーガンを購入しました。
中々ベストと思える物が無く探していたのですが、凄腕の同業者の方に教えていただきました。ぐっち~さん、いつもありがとうございます。

DSC_0792_20140225204401152.jpg

初めて使った1ストローク目でWS400以来の感動がありました。
大好きな仕事が更に楽しくなります。

DSC_0570_201402251900569a7.jpg

DSC_0571_20140225190058240.jpg

新しい仲間と共にクオリティの向上を目指していきます。
スポンサーサイト
2014年02月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 作業工程

アメリカから

新しい仕事仲間が届きました。

DSC_0613_20130509204013.jpg

日本では販売していないモデルの為アメリカから輸入しました。
DeVilbiss TEKNA PRO LITE というスプレーガンです。
一つのガンで全ての塗装に対応出来れば良いのですが中々難しく、良い道具の助けを借りて少しでも楽をしようと考えています(笑)

DSC_0615_20130509204015.jpg

エアーキャップは2種類付属していますので塗料の特性に合わせて選択出来ます。

DSC_0616_20130509204017.jpg

ノズルは1.2 1.3 1.4の3種類が付属しています。キャップと口径の組み合わせで6パターンありますので色々試してみたいと思います。

DSC_0618_20130509204019.jpg

DSC_0620.jpg

2013年05月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 作業工程

仕事仲間


塗料の乾燥等に使用する赤外線乾燥機、キュアマスターの中古を譲って頂きました。

DSC_0449.jpg

新品は高価な乾燥機ですが、積もったパテ粉や塗料のミストでかなりくたびれています。

DSC_0450.jpg

DSC_0451.jpg

DSC_0452.jpg

せっかくの仕事仲間が汚れていて可哀相なので綺麗にしていきます。

拭いただけでは綺麗にならないので・・分解。

DSC_0454.jpg

研磨して塗装ブースへ

DSC_0456.jpg

DSC_0457.jpg

余っていたシルバーと白を混ぜて塗装しました。

DSC_0461.jpg

DSC_0460.jpg

DSC_0458.jpg

DSC_0459.jpg

洗えるものは洗って組み立てました。

DSC_0434_20130330182240.jpg

DSC_0433_20130330182239.jpg

最後にガラスコーティングして完成です。

DSC_0432_20130330182237.jpg

DSC_0426_20130330182236.jpg

綺麗に蘇りました。

完成して気が付きましたが、壊れてもメーカーでは修理対象外ですね(笑)

2013年03月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 作業工程

調色

自動車の塗料は車種毎に用意されている訳では無く
配合表を参考に原色を混合して作ります。
配合表通りに作っても車にピッタリ合う事は殆んどありません。
そこから調色して近づけていきますが非常に難しいです。
例えば青でも赤味の強い青や紫味の青など、数種類の原色があります。
後少し青くしたい場合に、どの原色を何%入れるか?多少の間違いなら修正出来る場合もありますが、
駄目なら下色として使うか廃棄するしかありません。
シンナーの乾燥スピードやクリヤーの膜厚が変わると変化する色もあります。

マーチ カラーNo.E30
image_20130117002455.jpg


浮いた様な黄味が出なくて調色している間にテストピースの数が凄い事に・・・。

image_20130117002502.jpg


17年この仕事をしていますが、殆んどの工程が手作業なので知れば知るほど奥が深くて楽しい仕事です。
此れからも皆様の愛車を高いクオリティーで作業出来る様に勉強していきたいと思います。


2013年01月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 作業工程

塗装の肌とスプレーガン

塗装肌を合わせるのは非常に難しいです。

昔は艶が良ければ良い塗装だと思って気にしていませんでしたが、
隣接パネルとの肌を近づけないと違和感が出てしまいますので、なるべく近づけるように努めています。

耐久性に優れた高性能なクリヤーほど塗りにくく肌のコントロールは難しくなっていきます。
(逆に肌を気にしなければ艶がよく簡単に塗装出来ます)
普段使用しているクリヤーも高性能ですが粘度が高く肌を合わせるのが難しいです。

気温や湿度、塗り方、スプレーガンによっても変わってきますので当然マニュアルなど無く、
経験と勘で合わせていかなければいけません。
塗装するスプレーマンの腕の差が一番問われる部分です。

今のクリヤーを使い始めた当初、非常に苦戦していましたがスプレーガンを変更してからはコントロールしやすくなりました。(それでも難しいですが・・)

DSC_0070.jpg

和歌山県の凄腕スプレーマンの方に教えて頂いたガンです。
通常のスプレーガンが3~4本買える金額ですが性能は段違いです。
車によって細かい肌や大きな肌がありますので用途別に全てこのガンで揃えたいですが予算が・・・。

DSC_0066.jpg

車はBMWで写真右側のフェンダーパネルを塗装しました(左のドアは塗装していません)
ある程度近い感じに出来たと思います。

全ての車で同じように出来るのが理想ですがなかなか難しいですね。




2012年10月03日 | Comments(2) | Trackback(0) | 作業工程
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。