Porsche 911 Carrera2 オールペイント②

232.jpg

フロントバンパーを車体から取り外して付属品を分解しておきます。
233.jpg

234.jpg

元は黄色のバンパーを塗っている様でペーパーの当たり難い箇所から剥がれて来ています。
236.jpg

237.jpg

サイドカバーを取り外します。
238.jpg

242.jpg

片側は修理してあり、あまり程度が良く無いのでオーナー様にご用意していただいた中古に交換です。
243.jpg

245.jpg

リヤバンパーを取り外します。
254.jpg

リベットなどを取り外して分解しました。
259.jpg

260.jpg

261.jpg

026_20180409182447ff3.jpg

エンジンフードを取り外して付属品を分解しました。
011_20180409182443dc3.jpg

013_20180409182445bc5.jpg

016_20180409182446c0f.jpg

ドアを分解しておきます。
051_20180409182448f69.jpg

汚れやすい内装などは梱包して保管しておきます。
053_20180409182450bc6.jpg

サッシやガラス等を取り外しました。
069_201804091824517d0.jpg

070_20180409182453d6a.jpg

074_2018040918261175f.jpg

分解していくと劣化で再使用出来なくなる部品が出てきます。
073_20180409182610360.jpg

085_20180409182612e55.jpg

反対のドアもある程度の所まで分解しておきます。
086_20180409182613704.jpg

取り外した部品を洗浄しました。
093_20180409182752fe1.jpg

094_20180409182753ed6.jpg

095_20180409182754ecd.jpg

096_2018040918275511c.jpg

097_20180409182757ea2.jpg
099_20180409182758475.jpg

101_201804091828009e0.jpg

103_20180409182801a0e.jpg

右フロントフェンダーはライトケース周辺に変形がありました。
105_2018040918283490f.jpg

クランプで引き出した跡があり、形が崩れていました。
088_2018040918295358f.jpg

ライトケース周辺はパテで作ってあり、厚く盛ってあるパテが割れていました。
板金し直すのがかなり大変そうな為、打ち合わせの結果、中古のフェンダーに交換する事になりました。
092_20180409182954ec8.jpg

フェンダーを取り外しました。
111_201804091829550cf.jpg

オーナー様持ち込みのフェンダーです。
小さなヘコミが沢山あり程度が良いとは言えませんが、大きな変形はありませんので、元のフェンダーを板金するよりは良い結果になりそうです。
114_2018040918312834b.jpg

車体に固定してフィッティングをチェックしておきます。
115_201804091831300c8.jpg

120_20180409183130f34.jpg

122_2018040918313229e.jpg

問題無さそうなので車体から取り外してクリップナットを外しておきます。
新車時から、親の仇かと言う位にシーリングが打ってありますのでこれを外すだけでも結構大変です(笑)
123_2018040918313322b.jpg

124_20180409183135144.jpg

フェンダーとバンパー関係はサンドブラスト処理をお願いする事になりましたので、フェンダーも洗浄しておきました。
125_20180409183136645.jpg

126_20180409183138fcd.jpg

続きます。
スポンサーサイト
2018年04月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

Porsche 911 Carrera2

193_20180403090935643.jpg

オールペイントでお預かりしました、ポルシェ 964 カレラ2 です。
ご予約から長くお待ちいただいてありがとうございます。ようやくお預かり出来ました。

194_201804030909375c9.jpg

状態を把握する為にまずは洗車を行いました。
195_201804030909377d3.jpg

197.jpg

分解する前に外から見える範囲の状態を把握していきます。
200.jpg

膜厚計で各パネルを計測して塗膜の厚さをチェックしました。
201.jpg

どのパネルが再塗装してあるか、パテが厚く入っているのか等を把握しておき、オーナー様と打ち合わせながら修理の方向性を決めていきます。
202.jpg

目視で目立つ箇所もチェックしておきます。
214.jpg

見え難いですがドアハンドルの際からクリヤーが剥がれてきています。
きちんと足付けせずに塗ってあるのか、材料が良くないのか(ベースとクリヤーの他メーカーによる層間剥離など)、他の箇所も同じなのか?など過去の修理を想像しながら、予算の中でどのような修理が最善かを考えるのは楽しいですが毎回頭を悩ませます。
215.jpg

226.jpg

ガラス下は錆が出ています。
228.jpg

ウェザーストリップやついでに交換したい部品はオーナー様がご用意して下さいました。
230.jpg

続きます。
2018年04月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 輸入車 修理

SKYLINE GT-R BNR32 オールペイント⑫

インタークーラー上側のステーをサンドブラストで処理してエポキシ→塗装しました。
045_20180206193223c8a.jpg

046_2018020619322556c.jpg

047_201802061932263cd.jpg

048_20180206193228f65.jpg

切れていたマウントゴムを交換してフロント周りを組み立てました。
052_2018020619323296f.jpg

変形していたステーは新品に交換になりました。
054_20180206193234eb7.jpg

056_20180206193235e74.jpg

065_20180206193240a6f.jpg

060_20180206193237f92.jpg

061_20180206193238375.jpg

ワイパー台座のワッシャーやワイパーアームなど、オーナー様のご要望の箇所を交換して組み立てました。
002_2018021915081750d.jpg

004_201802191508209b6.jpg

005_20180219150819d11.jpg

006_201802191508213d3.jpg

最後の磨きを行い、エンブレムとバンパーダクトを取り付けました。
007_20180219150822bfc.jpg

009_20180219150824b12.jpg

010_20180219150825439.jpg

011_20180219150827812.jpg

014_2018021915082803c.jpg

洗車と清掃を行い完成です。
001_20180219152602a5b.jpg

003_20180219152604140.jpg

005_20180219152604622.jpg

007_201802191526061b3.jpg

008_20180219152607d4f.jpg

011_20180219152609931.jpg

012_2018021915261055a.jpg

020_2018021915261263b.jpg

023_201802191526132c8.jpg

024_20180219152615431.jpg

025_201802191526166d2.jpg

026_201802191526186ee.jpg

029_201802191526196d5.jpg

037_201802191526211b3.jpg

040_20180219152622f07.jpg

042_20180219152624707.jpg

043_20180219152625593.jpg

大変でしたが、忘れる事の無い思い出の1台になりました。
005_201802191528009eb.jpg

006_201802191606239b5.jpg

007_2018021915280399b.jpg

008_201802191528057bc.jpg

004_2018021915275962b.jpg

大切にされているお車を任せていただけて光栄でした。
この度はご依頼、誠にありがとうございました。
002_20180219152758273.jpg

2018年02月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

スカイライン GT-R BNR32 オールペイント11

乾燥して大まかに磨きながら組み立てていきます。
016_20180206191033178.jpg

017_2018020619103472a.jpg

022_20180206191035742.jpg

フロントフェンダーは表と裏にプラスチックワッシャーを入れて組み立てます。
025_20180206191036d3d.jpg

028_20180206191038b97.jpg

032_2018020619103917a.jpg

035_201802061910419ca.jpg

バフ目を見やすくする為にライトを当てて磨いています。
002_201802061915534f0.jpg

003_2018020619155465b.jpg

014_20180206191555115.jpg

020_201802061915569e8.jpg

027_2018020619155806d.jpg

テールランプやバックランプを組み立て前に洗浄しておきます。
031_201802061915596b5.jpg

032_20180206191601583.jpg

033_201802061916025e2.jpg

ハウジングをつける前にレンズ面を磨きました。
035_20180206191604277.jpg

038_20180206191605364.jpg

043_20180206191607725.jpg

046_201802061916087db.jpg

001_20180206192001259.jpg

005_201802061920036d1.jpg

スポイラーを組み立てます。
006_20180206192003723.jpg

008_201802061920042c6.jpg

015_20180206192006585.jpg

湿気の影響を受けそうな箇所は防錆剤を使って予防しておきました。
016_20180206192007ceb.jpg

017_2018020619200991f.jpg

018_20180206192011aa0.jpg

020_20180206192012774.jpg

ドアの中をある程度組み立てておきます。
022_20180206192013bde.jpg

スポット増しをしたガラス周りは室内の穴を利用して防錆剤を塗布しました。
024_20180206192016e89.jpg

025_20180206192018533.jpg

027_20180206192019a7a.jpg

クォーターの内側やサイドシルの中も防錆剤を入れて錆を予防しておきました。
029_201802061920210aa.jpg

031_2018020619202291e.jpg

ワイパーリンクなど汚れている部品はなるべく掃除、グリスアップして組み立てました。
038_20180206192448ee2.jpg

040_20180206192449864.jpg

塗装したストラットタワーバーを取り付けてボンネットを取り付けました。
053_201802061924549fe.jpg

050_20180206192452557.jpg

055_20180206192455f3f.jpg

サイドマッドガードを取り付けて元のホイールに戻しました。
064_201802061924572f2.jpg

ドアミラーを組み立てました。
067_201802061924589c8.jpg

069_20180206192500e7c.jpg

070_201802061925016e3.jpg

071_201802061925035a8.jpg

074_20180206192504e34.jpg

075_20180206192506527.jpg

ガラス屋さんにガラスを取り付けてもらいました。
005_20180206192842f3a.jpg

007_20180206192844ec2.jpg

掃除しながら内装を組み立てました。
014_20180206192844587.jpg

015_201802061928451a2.jpg

表面が縮んで浮いているトリムは新品に交換しました。片側10,000円位で、あまり値上がりしていません。ガラスモールが前後で140,000円位ですのでトリムが安く感じます。
017_20180206192847eb2.jpg

020_20180206192849db2.jpg

023_20180206192850bd8.jpg

026_20180206192851bc0.jpg

029_2018020619285382b.jpg

新品のウェザーストリップを取り付けてドアガラスを調整、ドアトリムを組み立てました。
033_201802061928546c8.jpg

035_20180206192856408.jpg

037_20180206192857cee.jpg

040_20180206193217515.jpg

041_20180206193219d60.jpg

042_20180206193219e3a.jpg

043_201802061932207fc.jpg

044_201802061932222ba.jpg

続きます。
2018年02月06日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理

SKYLINE GT-R BNR32 オールペイント⑩

001_2018011610124433f.jpg

フェンダー、ドア、ドアハンドルを研摩、脱脂清掃を行いました。
002_20180116101246468.jpg

003_2018011610124689e.jpg

005_20180116101247dc3.jpg

006_20180116101249f26.jpg

車体と同じ工程で研ぎ出した箇所にプライマーを塗布してベースコートを塗っていきます。
007_2018011610125019f.jpg

010_20180116101252239.jpg

011_20180116101253858.jpg

015_20180116101255e8a.jpg

クリヤーコートしました。
017_20180116101256853.jpg

018_20180116101258048.jpg

023_20180116101259ab5.jpg

025_20180116101301c71.jpg

031_20180116101302a2d.jpg

026_20180116101545758.jpg

ボンネット、トランクを研摩して裏面をマスキングして同じ工程で塗装しました。
032_20180116101547c8d.jpg

033_201801161015475ed.jpg

034_20180116101549965.jpg

035_20180116101550569.jpg

036_2018011610155279c.jpg

039_2018011610155363c.jpg

044_20180116101555923.jpg

ストラットタワーバーの台座とパネルの取り付けボルト、リヤスポイラーの中のステーを進めていきます。
001_20180116102016bf2.jpg

002_201801161020175bd.jpg

003_20180116102017cc1.jpg

004_20180116102019b97.jpg

005_201801161020207a2.jpg

006_2018011610202228c.jpg

それぞれ錆や腐食などがありますのでサンドブラストで処理しました。
007_20180116102023466.jpg

009_20180116102025a4e.jpg

ボンネットヒンジはサフェーサーを研摩しておきます。
015_20180116102026efb.jpg

脱脂清掃後、エポキシプライマーを塗布しました。
020_20180116102028141.jpg

021_20180116102029eec.jpg

022_20180116102031935.jpg

ベースコート→クリヤーコートしました。
024_201801161020320c6.jpg

029_20180116102034a84.jpg

034_201801161020380b4.jpg

030_20180116102035cc0.jpg

031_20180116102037cff.jpg

スポイラーステーはカーボマスチックを刷毛塗りしました。
036_20180116102040e3b.jpg

続いてプラスチックパーツです。
001_20180116102652ec6.jpg

002_201801161026533c7.jpg

研摩、脱脂清掃後、素地の露出した箇所はプラスチック用に添加剤を加えたノンストップシーラーを塗布しておきます。
006_20180116102654bba.jpg

クリヤーには軟化剤を加えたプラスチック仕様にしてあります。
007_20180116102655aa9.jpg

008_20180116102657a3d.jpg

010_2018011610265823b.jpg

012_201801161027004c6.jpg

013_2018011610270166d.jpg

014_20180116102703332.jpg

015_2018011610270482b.jpg

017_20180116102706495.jpg

019_20180116102707b18.jpg

こちらも同様に塗装しました。
024_20180116102709381.jpg

027_201801161027105a0.jpg

031_20180116102712974.jpg

032_20180116102713e84.jpg

035_2018011610271667c.jpg

039_20180116102901dbf.jpg

040_20180116102902b5b.jpg

041_20180116102903ef4.jpg

042_20180116102904a70.jpg

045_2018011610290666b.jpg

047_201801161029070fc.jpg

049_20180116102909478.jpg

052_20180116102910e6d.jpg

フロントスポイラーを塗装していきます。
055_20180116102912b46.jpg

オーナー様のご希望でトヨタ205 ブラックメタリックで色を作りました。
054_201801161030524b4.jpg

全体にプライマーを塗りました。
058_20180116103037b97.jpg

061_20180116103037d11.jpg

カラーベース→クリヤーコートしました。
062_2018011610303950d.jpg

063_201801161030401e1.jpg

写真は塗りたてですが、シボ模様を残したままですのでもう少し艶が引いていきます。
065_20180116103042f3c.jpg

長かった塗装工程が終了しました。
続きます。
2018年01月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 国産車 修理
 | HOME | OLD »»